プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
3月のクリスマスローズ展の時に
ハーブの先生に陽だまり家族の話をしてみました。
そうしたら、私も是非♪と言っていただき、
今回のラベンダー祭りの時に販売苗の一部を提供いただきました。

大株だった花アロエを株分けして数を増やし
苗を養生してきたのですが花も咲き始めたのと
我が家のボックセージを株分けした苗にも
花がチラホラ出てきました。
本来花が咲いたものを提供するということで進めてきたのですが
ボックセージは花が十分咲く頃まで待っていると
1mを越えてしまうのです。
今回、他のメンバーさんが花が咲き始めたので送って下さるということになり
それに便乗して彼女の見事なダリアと抱き合わせで
各戸に配っていただけたらとボラセンにお願いしましたら
OKが出ましたので第2便を送ってきました。

花アロエ
花穂を伸ばし秋まで可愛い花が咲き続けてくれますし
細い葉ですがアロエの名前が付いている通り
一般的なアロエと同じ効能があるとのことです。
P1170972.jpg

夏には涼しげなブルーの花、ボックセージ
耐寒性はあるとのことですが
寒い東北の地でも越冬できたらいいのですがね。
P1170976.jpg

我が家ではこぼれ種で繁殖してくれるヘレニウム。
P1170973.jpg

自宅を建てられたかたのお宅もボラセンでは訪問されると言うことですから
宿根草のお届けも考えて行ってもいい時期に入ったのかもしれません。
 
初代ピエールはサッカーの先端に花を付けている。
P1170965.jpg

こちらは駐車場のレイズドベッドに植え込んだピエール。
新苗でのお迎えなので返り咲くなんて努々思わなかったけれど
2年目にして返り咲きの快挙に嬉しい誤算だわ♪
P1170966.jpg

すっかり夏顔なので、ピエールって言われなきゃ
ピエールだなんて誰も思わないようなお花だけど
咲いてくれただけで十分、ありがとね~♪
 
国バラ会場からお連れしたテンテル。
植え替えてタグを挿し忘れてしまったんでしょう、
テンテルをお迎えしたことも忘れてしまい、
正体不明のまま開花を迎え、検索して初めて誰だかわかったという
なんともお粗末なお話でございます(^^;)

花の咲き方からビチセラ系だねってことは分かったけれど
P1170926.jpg

花弁のフリルと下向きの咲き方から
もしかして、テンテル?と思って検索したらそれっぽい♪
P1170942.jpg

でも、テンテルのシベは緑色ってことだから
シベの開花を待って確定♪
P1170948.jpg

他の花も咲き始めてる。
P1170947.jpg

フリルの波打ち方が可愛いので大株に育って欲しいな。
 

毎年新芽を食べられて1番美しい姿をお披露目できないナエマ、
ひとえにワタクシのズボラが原因でして、言い訳のしようもありません。
切り戻されて咲いた花はすっかり夏仕様のあっさり顔、
シュートも沢山出してくれて生育旺盛なので、
春先のちょっとした時期さえ乗り切れればうっとりするような
お花に出会えるのでしょう。
来期こそは。。。。と、去年も誓ったような(^^;)
P1170919.jpg

P1170920.jpg

 
小規模ながら毎年楽しませてくれた我が家の菖蒲園。
ところが、今年は咲いた花は2種類しかなく
黄色のはこの花のみで終わってしまいました。
P1170656.jpg

1日遅れて咲いたのはこちら、
こちらは10数本咲いてくれたでしょうか。
P1170687.jpg


花菖蒲って植え替えしないと花が咲かなくなるんですってね、
心に留めてはいたのですが、ついつい後回しにしていたら大やけどです。
これはいかん!と重い腰を上げて株分けしながら植え替えました。
アヤメ科は嫌地現象があるので、自称果樹園に(^^;)
果樹園じゃなくなっちゃいましたね~。
P1170932.jpg

株分けしたら植えきれないほど増えてしまったので
ポットにも分けてみました。。。。増えすぎ(^^;)
P1170931.jpg
 
いつも調子よくポコポコと花を咲かせてくれる夕霧ですが
今年は今頃になってやっと1番花を見せてくれました。
弁先のカールが特徴の夕霧さん、遠慮しないでもっと咲いて良いのよん♪
P1170784_20130628201308.jpg

P1170918.jpg

P1170917.jpg

敗因は調子に乗って肥料をやり過ぎたことでしょうか。
いくら肥料食いだといっても程度問題ですよね。。。
 
パテンス系のクレマチス、ロード・ネビル。
遅咲きタイプなのか育て方の所為なのか定かではありませんが
やっと初開花を迎えました。
17日に咲いた花
P1170833.jpg

今日のお花
P1170927.jpg

お花の感じが違いますね。
調べてみると花弁がフリル状になるとのことですが
どちらにもフリルは見当たりません。
サイズも大輪とのことですが中輪サイズです、
まぁ、中輪タイプの方が好きなので良いんですけどね(^^)
シベの表情がお気に入りかも♪
 
例年スカシユリから始まる初夏の花、ユリなんですが
2013はスカシユリも虫に食べられて咲かず。。。
去年も虫の食害にあっていたので消毒を心に留めていたのですが
ちょっと遅かったみたいで、テッポウユリも咲いてくれたのは1本だけ。

マルガリータとプロスペリティの前にあるテッポウユリ
テッポウユリ6.13

テッポウユリ6.13-2
ボーダー花壇に植えているテッポウユリは全滅。
早めの対策が必須ですわ。。。


カサブランカ。
カサブランカ6.24-2

カサブランカ6.24
カサブランカもこれ1本、去年は黄色のコンカドールが咲いたはずなんだけど。。。
 
地植えのロウグチが怪しい状況なので
今春株の一部を掘り上げ、鉢植えにしているのですが
その鉢植えのロウグチが花を見せてくれました。
一枝めに付いた花
ロウグチ6.18

もう一枝では
ロウグチ6.24-2

ロウグチ6.24

去年咲いた地植えのロウグチ比べると花のサイズが
二回りほど大きい感じがします。
ちなみに地植えのロウグチはまだ蕾も確認出来ない状態で
我が家の土とクレマの相性って、本当に悪いんだわっ!
 
生育旺盛で頼もしいバラの一つなんですが
絡ませてるオベリスクがモグラの所為で
強風にあおられて傾き、トーマスまで共倒れになるということが
何度かあったのでトーマスの根が心配で仕方なかったのです。
夫の力も借りて地中深くに押し込んだのですが
モグラが柔らかくした地面では糠に釘。。。
よって、荒療治をすることにしました。

before
P1170346_20130628201823.jpg

P1170372_20130628201845.jpg


after

P1170896.jpg

復活しないと最後の勇姿になるやもしれないので
アップしておきましょう。
P1170797.jpg

P1170798.jpg

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。