プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
バラクキハバチにやられ、蕾が上がってきてる状態で
切り落としたバラたちの一番花がやっと開花しました。

FLの薫乃。
数日前にハマキムシでしょうか、葉と蕾を綿のような白い糸で
繋ごうとしているところを発見して虫を潰し、
白い真綿のようなものを取り除いたのですが
既に食害にあっていたのでしょう。
昨日、開き掛けた花びらはゲジゲジ状態です。
それに、タグの色と随分違ってオレンジっぽい感じなんですけど。

薫乃6.4
本日、優しい淡いピンクで開花してくれました。
花びらのゲジゲジは目立たなくなりましたが
ちょっと花弁の数が少なすぎませんか?
薫乃6.5

HTのヘルムット・シュミット
本によれば大輪と書いてありますが、直径4cm位の
小振りな花が2つ咲きました。
綺麗な黄色で、大きすぎないところがいいなぁ~と
思っているので、このままの姿でいてほしいわ♪

ヘルムット・シュミット6.5

HTのレーシーレディ
蕾だった昨日までは、黄色だったので
品種違い?と思っていたのですが
今日になって白い花を見せてくれました。
後ろ姿は良い感じ~♪

レーシーレディ6.5-1
なので、前に回って見ると。。。
あれ?花が半分しかないじゃないですか!
こんな姿は不本意かもしれないけれど、
一応一番花なのでアップしておきましょう。

レーシーレディ6.5-2

コメント

■ Finviahtaさん

ヘルムット・シュミットはFinviahtaさんにとって
バラデビューの品だったのですか。
それが半年でさようならとは、涙なくして語れませんね。
私の場合は、とりあえず薔薇を集めよう!ってことで
種苗会社のおまかせセットに入っていた1品ということなんですが
咲いた花をみて、はっきりした色といい大きさ(このままでいて)といい
お気に入りになりました。

薫乃は、タグを見ると結構花びらが多いのですが
Finviahtaさんの仰るように、ゆるい八重っていう感じですね。

花菖蒲も、名前が分かると愛着がもっと湧くんでしょうが
どれもこれも「花菖蒲」で、一括りですから
力の入れ方が半減です。
清少納言、どんなお色だったのかしら?

■ ドルシュキさん

やっぱり、半分だけの花ってあるんだね~。
この花、食害というよりは半分が形成されないっていう感じみたいなの。
ドルシュキさんに分からないことが、私に分かるはずもなく。。。

ただね、初めてのご対面だったので
こんなお花じゃなくて、ちゃんとしたお花で対面したかったと思うわけです。。。

■ Malmaisonさん

せっかくのお花が食害にあって、
本来の姿で咲かせて上げられないのは
ホント悔しいですよね。
ホソオビアシブトクチバは、まだ我が家では見たことがないのですが
夜行性の上に、擬態するなんてかなり強敵のようですね。

仰るとおり、蕾から開花までが短くなっています。
気温が上がって成長が早くなってるっていうことでしょうから
花保ちも悪くなってくるんでしょうね。

消毒は月1位の割合だったのですが
頻度を上げないといけないかもしれませんね。

■ ヘルムット・シュミット

初めて、初めて薔薇の苗を買い、
半年で枯らした苦い想い出の薔薇.... 涙
薔薇園で見ると思わず「でかっ!」と叫んでしまう大きさで咲いていますが
小さなお花でしたか。
私も小さめで咲いてくれた方が可愛いと思っています。笑。

薫乃、私はゆるーい八重、というイメージですが..
花弁数はどうだったかしら?
下の花菖蒲も綺麗ですね。
むかーし、清少納言という品種を育てていました。

■ No title

家でも半分だけの花あったよ~。
こちら側から見ると気づかなくて反対側がゴッソリなかったりでムカつく!
食害に遭った蕾もあるけれどもともと半分しか形成されなかったようなのもあって
何がいけなかったの~とちんぷんかんぷん。

■ おはようございます。

開花寸前の蕾を食い散らかす害虫は困り者ですね。ハマキ虫やヨトウ虫が多いようですが、ホソオビアシブトクチバは硬いつぼみのうちからかじり付くので油断出来ないですね。うちでも毎年食害にあっています。夜行性なので日中はなかなか見つけにくいですが、食外箇所をの近くの枝に擬態していることが多いですね。木の板で作った品種名のラベルを枝に吊るしておいたら、その板の側面に擬態していることもありました。ラベルの幅が少し広がったように見えたので良く見るとラベルと同じ長さのホソオビが付いていたのです。敵も然る者です。花が咲いていると消毒もやりにくいですし、こまめに観察して見つけたら捕殺するしかないですね。これからの花は蕾から開花までの期間が短くなるので、花ガラを摘んだ後にこまめに消毒するのもてかもしれません。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。