プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
4月、新芽が大きく伸びて蕾も付けて
開花に向けて準備していたのに
強敵バラクキハバチに刺され、
泣く泣く剪定したバラが、やっと開花の運びとなりました。
アーチの下の方で咲いているニュードーン。
一番初めに異常を見付けたのがこの株で
初心者の私は「強健種」というキーワードで
苗を選んでいたので、本当に頭を抱えてしまったわけですが
小振りながらも元気な花を付けてくれるとホッとします。

ニュードーン5.16

いくつも蕾を切り落とさないといけなかったグラハムトーマス。
今は鉢で育てているけれど、地植えにしたら
ラティスに絡んでくれるんでしょうね。

グラハムトーマス5.16

今朝新聞を見ていたら、当地でもオープンガーデンを
していらっしゃるお宅があるということで
問い合わせ先のナーセリーに電話をするのですが
午前中は呼び出し音が続くだけで出てもらえず、
午後からは電源が入っていないとアナウンスが。。。。
でも、この電話、固定電話なんですけど。
余程の問い合わせに、コードごと抜いちゃってるのかしら?

コメント

■ スロー人さん

バラ栽培1年生の私は、手持ちの種類も少ないのですが
新しく迎えたバラが初めての顔を見せてくれると
初恋のように胸がキュンとなってしまいます。
淡いピンク、私もしみじみとその美しさを感じていて
次にお迎えするのは、薄ピンク系かな?と思っています。

スロー人さんにも写真といえども、お花を見ていただいて
育てている者にとっては、意欲が湧いてきます。
ハバチにやられてまだお目にかかっていないバラがあと4本。
また、見てくださいね~♪

■ Malmaisonさん

虫によってバラに与える被害が違うんですね。(まだまだ勉強不足です。)
ウチはチュウレンジは余り見かけないのですが
ハバチ系が多いような気がします。
ニームを継続的に掛けないと不安です。

グラハムトーマス、
Malmaisonさんのブログにもコメントさせていただいたのですが
露地栽培が良いのでしょうね。
植え替えには耐えるのでしょうか?

■ 薔薇を堪能

薔薇の名前などチンプンカンプンですが、その美しさだけは判ります。
上の写真のピンクの薔薇、とてもいいな~と思いました。
色も薄ピンクの優しい色で、花弁も楚々とした感じで強い主張もなく・・・

いつもいろいろな薔薇を見せて頂いて堪能させてもらっています。
写真が上手に撮れているのにも感心しています。
mimozaさんは薔薇のシーズンで毎日充実しているんではないでしょうか。

■ ハチは厄介ですね。

今晩は、今日は出かけていたので、今頃拝見させていただきました。ハチは葉を持ち去ったり、卵を産だり、すぐに消毒薬が効かないので厄介ですね。我が家はクキバチの被害はないのですが、チュウレンジが盛んに飛んできます。この産卵は防げませんから、幼虫を薬で落とすしかないようです。産卵された枝が枯れないだけましかもしれませんね。
グラハムの枝は硬くなりますよ~!早めに誘引をしたほうがよろしいかも・・・・。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。