プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今年も2泊3日のショートステイで里子ちゃんがやって来た。
小2の男の子と年中の女の子の兄妹。

8/8
養護施設へお迎えに行く。
我が家への道中も車の中でおしゃべりが弾みまずまずの出だしかな。
お昼ご飯はちらし寿司を準備していたので
自分たちでわいわい言いながら盛りつけて食べた♪
今年はまだ海に言っていないというので海に行くにあたって
午後から、ためておいたトレーなどで船をつくる。

この時期の紫外線はおばさまにとって大敵でしょ(^^)
陽が傾いた4時頃から海におでかけ。
(我が子の時は陽に焼けるから連れて行かなかったというのに^^;)
船を波に乗せて遊んだり、浅瀬で鬼ごっこをしたりして過ごす。
P1130905.jpg

1時間ほど遊んで家に帰り、お風呂に直行!3人でお風呂に入る。

流石に疲れたのか8時には布団に入りバタンキュー(^^)

8/9
夢の中でガタガタ物音が。。。。
妹子がトイレに起きた後寝ることもなく歩き回っているので
私のベッドに誘うと喜んでやって来る、、、、まだ5時前よ~~。
5時に目覚ましが鳴って私は水やりに♪
(昨日は海からお風呂に直行で水やりが出来なかったので何が何でもやらないと!!)
妹子は朝からお絵描き、元気だわ~~~(^^)

兄男は起きてきてぐったりソファーに寄りかかりお腹が痛いと宣う。
朝食を準備してもテーブルに来ないので体を触ると熱い!!
熱を測ると38.4℃、ありゃりゃ!大変!!
まだ医者も開いていないので取りあえず妹子と朝食を摂る。
保険証を預かってくるのを忘れたので施設に電話して受診することを告げる。

病院では「海に行くだけで熱が出る子はいるから」ということで
頓服の解熱剤をもらって帰り、飲ませたが1分もしない内に嘔吐(>_<)
医師に指示を仰いで再度薬を飲ませたが熱が38度を下回ることはなく
ただただぐったりしてるだけ、水分補給に努めるけれどなかなか思うようには飲まない。
もちろん食べることも困難でパイナップルとスイカを数切れのみ。

妹子と2人で夕食を摂った後体温を測ると39.2℃、およよ!!これはいかん!!
水分も取れていないし、何より他所様のお子さんなわけで
重篤な状態にさせるわけにはいかないので夜間診療所で点滴を打ってもらおうと出掛けたが
やはり手慣れた医師からすれば「これ位の熱は夏風邪で5日間位続きますから
嘔吐がなければ点滴する必要はない」といわれ抗生剤をもらうだけに。
ところが待合室に戻ったら兄男が「吐きそう」というので、その様子を見て
急遽点滴をしてもらえることになった。。。。(私としてはすごく安心)
点滴してもらってもぐったりした様子は変わらず、熱も下がらないまま悶々として夜を明かす。

兄男がこんな様子なのでどこにも出掛けられないけれど
妹子はテレビを見たりお絵描きしたりして我が儘を言わない。
洗濯物をたたんでいると「○○ちゃん、自分のたたむ」といって自発的にたたむのだが
それがまたお見事!
お店に並んでいるようなたたみ方ですよ。。。恐るべし5歳児(^^)
P1130926.jpg



この朝、調子が悪い兄男だったのに、二人の部屋に入ると
布団がきちんとたたんで並べてあった。(写真がないのが残念)
施設でしっかり躾けられているんだね。

8/9
昨夜点滴をして帰ったのが9時半、それから入浴したので
当然寝る時刻も遅くなったけれど、5時半に起きた私につられて妹子が一緒に起き出す。
早く起きると施設ではシールが貼れるらしく早起きが習慣になってるみたい。

兄男は6時半頃起きてきたが熱を測ると37.2℃。
まだ微熱はあるけれどひとまず安心♪
朝食も好きだというサラダを少し食べたし、後はフルーツとゼリー。
これだけでも食べてくれるとホッとするけれど
飛び跳ねる程の元気はないので大人しくテレビを見て過ごす。

昼食を摂った後施設へ送る。
2日とも早起きした妹子、車の中でその睡眠不足を取り戻すように寝る(^o^)
出来れば私も眠りたいよ。。。

兄男の体調が良ければあちこち連れて行ってあげようと思っていたのに致し方ないね、
それでも「また来るね♪」と言って帰って行った。
家に帰ると妹子が友だちにあげると言っていた「桜貝」が置き忘れてあった。
海の写真が出来たら一緒に送ってあげようと思う。


8/9、保険証を持って施設の方がいらしたけれど
病気でも預けたら連れて帰れないとか言われちゃって
そんなもの???と思いつつ、まぁ大昔だけど子育てしたから
熱が出る程度なら動じませんよ!と内心思ったものの
流石に9度を超える熱にはちょっとビビッたかな(^^;)
無事熱も下がったので結果オーライ。
ただね、送って行ったのに担当の先生もいらっしゃらなくて
子どもの様子もお話ししたかったのに、何だかな~の対応だったのよね。
まぁ、先生もシフトがあるんでしょうね。


コメント

■ スロー人さんへ

スロー人さん、ありがとうございます。
夫が不在がちな私にとって、小さなお客様は自分の食生活をきちんとする上でも
有り難いことなんですよ、一人だと残り物で食事が終わっちゃいますから(^^;)

一昨年の高校生には参りましたが、
今回の子ども達は全く問題ありませんでした。
やっぱり1ヶ月という長丁場になると地が出て来るのでしょうが
ショートステイは猫かぶりで終わるので楽チンでした。
それに施設での躾がしっかり出来ていて
預かる身としては助かることばかりでした。
幼児がするような事ではないことを言われずともする姿は
ちょっと切ないものがありましたが、昔の子ども達ってきっと
こんな風に育てられていたんでしょうね、
今は親が子どもを甘えさせすぎてるのかもしれません。

お孫さんはおじいちゃんにも慣れているからこそ
遠慮がないんだと思います。
とはいえ、子どもの甲高い声は頭に響きますし
帰ってヤレヤレっていう気持ちは分かるような気がします(^^)
楽しい時間だけではないこと、
早く孫が欲しいと思っている私は、しっかり覚えておこうと思います(^^)

■ 

Mimozaさんは偉いな~といつも思います。
里子を預かるってなかなかできないことだと思います。

二日目前から娘の一家が泊まりに来ていて、息子の子供も加わり
孫3人で2日間我が家はシッチャカメッチャカ・・・
さっき送って行って帰って妻と二人になったら、何だか
ホッとしました。
自分の孫でもこんな私なので、とても里子など考えられません。

施設での躾がしっかりしていることと、子供が素直そうなのには
何かホッとするものがありました。

■ ははさんへ

ははさん、お返事が遅くなってすみません。
一昨日の夜明け前、突然の豪雨に開けていた窓を一斉に閉めたんですが
久々の雨だったので内心喜んでいましたが、その後もかなり降ったようで
植物が雨に打たれてちょっと可哀想な状態になっています。
その雲が東に行ったようですが、ははさんのところは大丈夫ですか?

いえいえ、今回も夫は出張で危うく独居老人になりそうな所へ
二人の小さなお客様♪
ボランティアをしてもらってるっていうのが当たりかも(^^)

ただ、病気というのは想定外だったのでちょっと慌てました、
なんといっても我が子の20年も前の状態で、記憶も薄れつつありますもんね(^^;)
兄男くんも妹子ちゃんも嫌がらず私の傍にいてくれて
抱っこしてると柔らかい感触にこちらが癒されて幸せな時間でした♪
小さな子を堂々と抱っこできるなんてそうそうありませんからね、
この年齢の子ならいつでもいらっしゃ~~いって感じです(^^)

■ まるさんへ

お返事が遅くなってすみません。
まるさんの身近にも里子ちゃんを預かっている方がいらっしゃるんですね、
私は我が子が自立して家の中に空き部屋ができたので
登録してみたんですよ、家の中に子どもがいると賑やかで良いですよね。

帰省してきた娘が「私達は余り熱も出んかったから、ちょっと困ったやろ?」って
鋭い指摘をしましたが、39℃越えはちょっとね。。。(^^;)
確かに施設では人手が足りないので、病気をしたときに
子ども達は寂しさや不安を大きく感じるかもしれませんね。
初めて会ったおばちゃんなのに額に手を置いたり
方をさすったりしても嫌がることはなく、むしろ心地よかったみたいでしたから。
せっかくのお泊まりだったのにどこにも行けなかったけれど
おばちゃんを独占できたことは間違いありません(^^)

そうなんです、5才の子がこんな事が出来るって
子どもの潜在的な能力を感じるけれど、一般家庭なら親がやってくれる時期
凄いね~って褒めて上げたのですが、まるさん同様切なさを感じました。
なので、今回は全くお手伝いをさせないで甘えさせました♪

■ 

こんばんは
そちらの雨のこと天気予報の時に酷いと聞きましたが、いかがでしょうか。

毎年夏休みに素敵なおもてなしされてるんですね。
頭が下がります。すごいなあmimozaさん。

熱をだされたらやっぱりよそさまのお子さん、慌てちゃいますね。大変でした
あちこちへはゆけなかったかもしれないけど、側で一緒に洗濯物を畳んだり、兄男くんも看病してもらったり、mimozaさんのやさしさに間近に触れられて、いい時間だったのではないでしょうか。
mimozaさんがお熱を出しませんように。ね

■ 

mimozaさんも里子さんのショートステイのボランティアをなさっているのですね(^^)
主人の友人夫婦がやはりボランティアをしていて、夏休みや冬休みに子供さんを預かるとたまに我が家につれて来るんですよ。

熱が出てしまったお兄ちゃんの看病ご苦労様でした。
さすがに39度も出てしまうとドキドキしてしまいますよね(^^;)
お兄ちゃんもmimozaさんに看病してもらって嬉しかったんじゃないでしょうか?施設ではいくら病気でも先生を独り占めってわけにはいかないでしょうからね。
おにいちゃんも妹ちゃんもつかの間の家族団らんを体験できて嬉しかったでしょうね。

妹ちゃんの洗濯物のたたみ方上手ですね♪
5歳の子がこんなに上手にできるなんて・・・偉いな、凄いな~と思う反面、少し切なくなってしまいました。
里子ちゃんの楽しい夏の思い出がmimozaさんのおかげで1つ増えましたね(*^^*)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。