プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
去年は剪定すればまたすぐ蕾を持ってきて
何度となく咲いたパルムさんなのに、
今年は夏以降4ヶ月ぶり位のお花じゃないかしら。。。
過去記事を見ると春の花しか上がってないし
ということは、夏の花もショボかったということね。。。

で、やっと見つけた蕾は囓られちゃった悲惨なコ。
パルム11.23

11月も下旬だというのに暖かいので翌日にはもうほころんでた。
パルム11.24

留守中に開花し、ピークを過ぎたところ。
パルム11.29

今朝、他の蕾もほころびかけてきた♪
パルム11.30

夕方には一番綺麗な姿に♪
昨日、今日と暑い位の陽気だったせいね。
パルム11.30-2

奥が昨日のお花。
咲き進むとブルーが入ってくるのよね。
パルム11.30-3

今年はもうダメかな?って思っていたので
こうやって会えただけでも嬉しい♪
スポンサーサイト
 
留守をしている間にオクタビアヒルが咲き揃って来た。
他のバラが咲いて来ないので追記記事での更新(^^;)

オクタビアヒル11.29

オクタビアヒル11.29-2
 
7月に入籍した娘の和装の前撮りが都内の清澄庭園で行われた。
暖かい今年は紅葉もゆっくりで11月下旬だというのに
まだピークまで至っていない感じだったけれど、
雨に降られることもなく終えられた。
清澄庭園


庭園に着いたときは既に撮影が始まっていたけれど
門を入るとすぐにその姿を見つける事が出来て合流♪
カメラマンさんの要求に応える二人は
人前では出来ないようなポーズもあったけれど
2度と出来ない写真撮影だもの、良かったんじゃないかと思う。
一般の方も立ち止まって見て下さったり
おめでとうございますと、声を掛けて下さったり、
とても感じのいいスタッフさんにも恵まれて
二人にとっても、また親にとっても良い時間がもてた。
前撮り1  前撮り2  前撮り3
 
晩秋とはいえないほど寒さが増してきた。
秋のオクタビアヒルは見ることが出来なかったけれど
初冬になってやっとその姿を見せてくれた。

ブロ友さんのところでは昨冬も見事な房を見せていたけれど
ウチのオクタビアヒルは到底及ばない。

オクタビア11.22-2

あ~あ、コクテン酷い!!
オクタビア11.25

目を上に向けると3連の蕾が♪
キレイに咲いてね☆
オクタビア11.22
 
去年は秋にももう少し花房の数が多かったような気がして
過去記事を調べてみると、房の数が記録されてない(>_<)
それと同時に、今年は秋の花が咲かないと思っていたら
去年も夏の2番花以降冬まで記録がないので
どうもプロスペリティって夏のダメージからの立ち直りが遅いタイプかもしれない。

たった一房だけれど、花が少ないのでうれしい♪
ただ、余り目に入る場所じゃないので可哀想な場所でもあるのよね、
それを抗議してのたった一房なのかしら(^^;)
プロス11.24

完全開花にはまだちょっと時間がかかりそうだわ。
プロス11.24-2
 
昨日、クリスマスローズに置き肥をしていて
見つけたのがssホワイトDNピコの蕾♪

まだ11月、まさか蕾を発見するとは思ってもいなくて嬉しいオドロキ♪
まぁ、超スピード違反のニゲルは毎年のことで
そんなものだろうと思っていたのでオドロキもなかったけれど
こちらの方は期待してなかった分喜びも大きくて
飛び上がりたい気分(^^;)
そんなわけで開花には至っていないけれどア~~ップ♪

ホワイトピコ11.23
 
今年最後のクレマチスは白万重になりました。
地植えの方はダンマリなのに鉢の方が頑張って咲いてくれて
思わず目尻が下がっちゃう~。

蕾の時の写真、写真と探して見たけれど行方不明。
蕾を見つけたのはいつ頃だったんでしょ?
ゆ~~っくり、ゆ~~っくり咲き進んでやっと一番外側が開いたところ。
夏の花に比べると外弁は幅広な感じ。
白万重11.7

更に1週間経って、お饅頭も少し開きかけたかな。
白万重11.14

更に1週間、昨日の激しい雨に軒下に置いていたにも関わらず
花に傷みが出てきた感じ。
本当はお饅頭全開でアップしたかったけれど
開ききるところまで行くかしらね。
白万重11.19
 
夏以降、ダンマリを決め込んでいたミサトさんも
やっと1輪、花を見せてくれた♪
暖かく穏やかな日が続いたけれど
やっぱり秋なのね、開花スピードは極めてゆっくり。
随分焦らせてくれたわね(^^;)

ミサト11.12

ミサト11.14

ミサト11.16

ミサト11.17
葉っぱがチュウレンジに(多分)食され太い葉脈だけになっちゃってる(>_<)
ハーブ展のお手伝いに時間を割かれていて消毒する時間もないの。。。
 
やっと秋らしいバラが咲いてくれたみたい(^^)
ブロ友さんのところで秋の花がアップされているとき
我が家のダービーを見ると葉もなく今年の秋バラは断念?と
意気消沈していたけれど、11月も中旬になってやっと開花。
我が家のダービーは花びらが多くてお気に入りのコなんだけど
今回のはちょっと少なめかな。

秋の1輪目、カップをキープしていい形♪
ダービー11.11

オベリスクの上部では2輪目が(^^)
ダービー11.12

こちらもしっかりカップ咲き♪
ダービー11.15-2

ちょっと下に目をやると3輪目。
昨日はまだ固い蕾だったのに今日の暖かさで一気に開花。
季節が戻ったような感じのお花だわ
ダービー11.16

3輪目に続く4輪目も。
やっとまともな秋のバラってところかしら(^^)
ダービー11.16-2
 
柔らかくしなやかなナエマさんったら
伸びること、伸びること!!
写真を撮りたいのに手を伸ばしても下から眺める感じ(^^;)
ナエマ11.14
伸びた枝がオベリスクの中を突っ切っているの。。。
これからの誘引を考えるといくら柔らかい枝だといっても頭が痛いわ。


もう少し下で咲いてくれた花。
それでもオベリスクの頂上なんだもの。
一番の美形が収められないわ(^^;)
ナエマ11.14-2

 
昨日に引き続き今日はリンゴ狩りへ。
夫が休日に連チャンで付き合ってくれるなんて
雪が降るかと思うほど珍しいことです。

平成の大合併で山口市に吸収されてしまった阿東町の徳佐は
戦後一人の男性がリンゴの木を植えて普及させ
今では特産品として堂々とした地位を築いている。
子どもが小学生の頃出掛けて以来だったけれど
さらにりんご園が増えているのでは?と思うほど
一帯はりんご園だらけ。

たわわに実ったリンゴ。お客さんも大入り♪
リンゴ狩りも終盤で品種は「ふじ」ばかりだったけれど
試食したリンゴのどれもがすごく美味しくて中には蜜入りも♪
スーパーに並んでるリンゴとは全然鮮度がちがうね。
リンゴ狩り1

おやおや!リンゴにシールが。
リンゴ

シールを剥ぐと皮に絵が描いてあるように見えて
子ども達は喜んで絵付きのリンゴを探していた。
リンゴ2

駐車場近くで見つけたリンゴ。
葉っぱなくて柿みたいな風情も面白いけれど
同じ木なのに赤い実と黄色い実がなっているの(@_@)
リンゴ3
 
先月の回覧板に「うべ探検博覧会」の冊子が挟んであり
中を覗いてみると主に市内の町巡りや体験ツアーが紹介されていた中で
ふと目に止まったのが「平家歴史散策・ふくフルコース堪能」というプログラムだった。
皆さんの興味は前者ですか?後者ですか?(^^)
もちろん、「ふく」ですよねぇ~。
あ、当県ではフグのことを福とかけて「フク」と言うのです。

歴史LDの私、前者はどうでも良いのです(^^;)
有り難いお話を伺ったのですが右から左。。。ってことで
本題の(^^)ふくフルコースのお話に参りましょう。

行ったところは「ふく楽舎」というお店。
系列の「ひらこし」でふくを養殖しています。
フク1 フク2

養殖場を出て案内された部屋に入ると
フク3
並んでいるのは料理ではなく材料と道具!!
お腹も空いててっきり食事にありつけると思っていた夫は落胆(^^;)
実はこの企画は「料理体験」と書いてあって、事前に説明はしてたんだけど
すっかり忘れていたのでしょう。

ふくは調理免許がないとさばけないので皮を剥ぎ、内臓を取った
「むき身」の状態でまな板の上にありました。
2人で1匹。重さ700gの大きなトラフグ。
出刃包丁で3枚におろした片身。
フク4

お刺身にするには1晩寝かせると切りやすくなる上
3枚に下ろした↑の状態でも更に薄皮があり
素人には難しいということで「たたき風」に。
金串を打って熱した金網で周囲に焦げ目をつけて氷水で締める。
フク5

十分しまったら片身を更に横半分に切って
端からそぎ切りにしていくのですが、
刺身の厚みを包丁の刃を当てて決めたら包丁をグッと下に押して引く。
↓調理師さんのデモンストレーション。
フク6

その時、厚みをやや多めにとり、引くに従って薄くなるような気持ちで
包丁を動かすと上手く切れると教えてもらいやってみると
確かに良い感じに切れた♪
↓夫の作品。私のは熱しすぎてしまったため包丁を当てると
身がボロボロに取れてきて見た目がよろしくなかったのでカット(^^;)
あ、でもね、4人分の身を氷水の中でまとめて冷やしていたので
私が焼いた身じゃないのが自分のところに来た。。。と思うんだよね(^^;)言い訳?
皮は湯引きにして腹と背はゼラチン質が多いので氷水に浸けたら
そのゼラチン質をよく落とさないと切った後お皿に並べて
温度が若干上がるとゼラチン質が溶けてくっついてしまうそうな。
フク7
コリコリ感が最高♪自家製のポン酢がまろやかで美味でした(^^)

3枚におろした中骨や口、頭の部分は鍋に♪
一通り煮えたところで柔らかい部分を食し、その後野菜を投入。
おお~、野菜を撮り忘れちゃった(>_<)
フク8
そうそう、ヒレが写ってるでしょう、
これはひれ酒にする為に1枚を2枚に薄く切るんですって。
そして、西日の当たる窓に貼り付けて乾燥させるのだとか。
ちなみに、ふくはしっぽがキレイなものが上等だそうです。

最後は定番の雑炊。
フク9 フク10

フグを自分で調理するなんて努々思わなかったので
貴重な体験ができて良かった♪
市場に行けばトラフグのむき身が売っているということも分かったので
今度息子達が帰って来たら挑戦して見ようか。。。な(^^;)


 
11月27日までときわミュージアムで開かれているハーブ展。
休日は無料ハーブティのサービスをボランティアメンバーでするけれど
平日はメンバーは誰もいない状態。
それでも委託したグッズは売れ行きが好調で品切れとなってしまったため
今日は「ローズマリー軟膏」を作りに出掛けた。
ワセリンをローズマリーのエキスを抽出した液にとかし
ホホバオイルを加えて作るのだけど、ガサガサのかかとに効果があるらしい。
おばさんの必須アイテムです(^^;)
ハーブ展2

在庫があったハーブソープとたまごポプリとともに
ときわミュージアムに納品してきた。
ハーブ展1

帰りにラベンダーの入った「シューズキーパーを作る」という
宿題を頂いちゃったのでミシン作業に余念がない。
昔はよくミシンを踏んでいたのに遠ざかって久しいので結構楽しい♪
 
ちょっと前から咲き始めているけれど
一度に咲かなくて順番を守るようにポツポツと咲いている。
蕾は7~8個あったのでまとめて咲けばそれなりなのに
寂しい雰囲気なのよね。。。
アイスバーグ11.3

アイスバーグ11.7

アイスバーグ11.10
 
細枝ながら沢山の花を見せてくれたレディ・エアルーム。
夏以降はダンマリで完全に体力を消耗し
秋の花もやっと、なんとか、1輪(^^;)

暖かい日が続いたため虫に囓られ、
こんな不細工さんで蕾が解け始めたので
当然ながら期待もしてない。
レディ11.1

一昨日、横顔には囓られた痕跡があるけれど
蕾のことを思えば見事に変身♪でしょ(^^)
レディ11.7

正面から見れば、我が家の秋バラではトップじゃないかしら(^^)
まぁ、レディとしてはめっちゃ花びら少ないけれどね。。。
レディ11.9

 
蕾をもっても大きくならないまま茶色に変色しちゃうことも多い
この時期のクレマチス。
その中でゆっくりながらも蕾を生長させ花を見せてくれた
ミセススペンサーキャッスル。
いつも産毛に覆われているけれど、他の蕾が見当たらないので
産毛で覆われ大事に守り育てられてる感じを応援したくなっちゃう(^^)
キャッスル11.1

蕾が色づき、焦らされて焦らされてやっと開き始め♪
ひしゃげた花が「今開いたよ☆」って言ってるみたい。
キャッスル11.8

今朝、全開の様子。
今年、開花2年目で春の花は八重で咲き
おやおや?突然変異??なんて思ったけれど
そういう性質があると教えてもらったばかり、
だというのに、秋の花はすっかり先祖返り(^^;)
でもね、八重じゃない!なんて文句は言いませんよ~、
大きく開いた花は存在感があるもんね♪
キャッスル11.9


我が家のクレマチス。
まだ、緑の葉っぱが沢山付いているものは
もう少し栄養補給をしてもらおうと残してあるけれど
葉が落ちたものは剪定しちゃった。
強剪定種が多いので、スッキリして気分爽快?(^^)
 
随分前に蕾を見つけたけれど
なかなか咲き進まなかったみさき。
この辺りで満開?
気温が高めなので外弁がもっと開くと思っていたけれど
秋の深まった頃のような花になったわ
みさき11.5

3日後、花びらは散り始め半欠状態。
全国的に週末になると雨が降っているけれど
その雨に祟られて、左の蕾はボーリング状態。
ツンツンの可愛い花びら、しっかり開かせて上げたかったな。。。
みさき11.8


 
種まきしたビオラにも花が見られるようになってきた。
仮設住宅には間に合わなかったけれど
学校便にはこんな状態で贈ることが出来た。
ビオラ11.2


岩手の小学校3校へそれぞれ50株ずつ。
ただ、山田町の学校は冬の間根雪になるらしく
「プランターの方がいいですか?」と副校長先生から聞かれた。
仙台の友だちに聞いたら全く問題ないとのことだったけれど、
微妙な違いがあるのね。
覚えておかなくっちゃ。


*****追記*****
11/9
2校の学校から苗が届いたことのお知らせとお礼の電話をもらった。
苗も良い状態だと言ってもらえてよかった♪
 
ERのようにすくすく育たないのは分かってきたけれど
それにしても枝がどんどん貧弱になっていくの。。。。あ~~ぁ、だわぁ。

今朝、写真を撮りに出たら終盤の花を発見!
今年はこんな花ばかり
でも、色は申し分のないデュブリュイカラーだわ♪
デュブリュイ11.7

もう一つ蕾が♪
期待は。。。しないで待つことにしよ~~っと。
デュブリュイ11.7-2

 
去年までは剪定すればすぐに芽吹き、
1年に何度花を咲かせるの?と聞きたくなるほど
次から次へと蕾を上げていたのに、
今年は夏以降枯れた枝もあり花もまともなのが咲かないので
これでもマシな方だと思い、アップすることにした。

挿し木1  11.7
 
今日はハーブ展のボランティアがあり、雨も降っていたので
写真を撮るヒマもなく。。。在庫から。

秋も深まり。。。と言いたいけれど全く深まらない秋。
初夏に挿したオオデマリが蕾を付け花を咲かせ始めました♪
親木の方は殆ど葉を落としてしまったというのに
花なんか咲かせてて良いのかしら?
まぁ、暖かいからねぇ~。
オオデマリ11.3

背が伸びて暴れまくりなのはウィンターコスモス。
大型の鉢スタンドの中に枝を入れてまとめているけれど
更に伸びて横倒し状態。。。
まっすぐ立ってくれたら「大好き♪」って言ってあげられるのに(^^)
ウィンターコスモス11.3
 
陽だまり家族の皆さ~~ん♪
贈って頂いた苗が昨日、無事に到着し
今日は朝から好天のもと、植え付けイベントが行われました。

現地入りしているMalmaisonさんから
写メが届きましたのでご覧下さい♪

オレンジ色のビブスはボランティアスタッフさんでしょうか、
お手伝いをいただいたようですね。
ボラセンの支所長さんに宣伝をしてもらっていたので
仮設の方々が集まってきて下さいました。
SN3Q0035[1]

段ボールの中には、何の花が入ってるのかしら??
なんて、覗いてらっしゃるのかしら(^^)
SN3Q0031[1]

植え付けに必要な土も見えてますね、
皆さんに贈ってもらったのですぐ植え付けられます♪
SN3Q0033[1]

植え付けて贈ってもらった苗やポット苗が並べられ
どの色にしようかな?と皆さん真剣に品定め?(^^)
右下のプランターは6月に贈ったペチュニアでしょうか、
パンジーへと衣替えして楽しんでいただけると良いですね♪
SN3Q0034[1]

建物の奥の方にはスロー人さんが奥様と一緒に作って下さった
「陽だまり家族」の幟旗が見えます。
SN3Q0032[1]

Malmaisonさんが帰られブログに詳細をアップされましたらご紹介しますね。
鮮明な画像でご覧頂けると思います♪

皆さんの温かい気持ちが気仙沼にしっかり届きました~~
 
市制90周年を記念して、様々なイベントが開かれているが
その一つとしてハーブ展が今日から始まった。
サウスバームというボランティアサークルのメンバーとして
無料のハーブティーを出したり、苗を販売したり、
スタッフ業務を1日こなしてきた。
今日は初日ということでハーブ講習もあり
沢山の方が来て下さったので少々疲れたけれど楽しかった。
人がたくさん来てくれるって活気があって良い♪

観賞用ハイビスカス、四季咲きアカシア、月桃、メキシカンセージetc
生花

セージの数々。
壁にはローズマリー。
ハーブ展

ボランティアメンバーで作ったハーブクラフト。
シューズキーパー、バンドル、キャンドル、ポプリetc
これらは売店で委託販売。
クラフト2

レモングラスを編んでドライフラワーで飾り付け。
このクラフトは11/26に講習会があります、
参加費1000円(材料込み)
クラフト1

ハーブ講習会。
下松のハーブ園作りの企画もされた先生による講習会。
ハーブティーとクッキー付き。。。だったかな?(^^;)
ハーブ講習

 
何度も返り咲いてくれるというイメージが強いルイアマードさんなのに
今年は夏以降ダンマリでシュートも殆ど上げてくれない。
他のバラが枯れ込んでいく中、枯れ込みが少ないだけでもOKを
出して上げるという甘い評価なの。。。

この蕾を見ると。。。期待薄だわぁ
ルイアマード11.2

今日は1日ボランティアに出掛けていたので
帰って見るとすっかり開ききったお花になってた。
夕方の写真なので昨日の色とは比べられないけれど
カップ咲きのはずなのにカップの姿が見られなかったのは残念!
っていうか、今日も気温が上がって開き切っちゃったのよね、
本来秋のバラは開きたくても開き切れないっていう
カップの美しさをキープ出来るはずなのに
これだけ暑い?とねぇ~。
ルイアマード

今年、もう一度咲いてくれないかなぁ。。。
 
去年もトップバッターだったニゲルが今年も1番乗りで開花しました。
蕾を見つけたときにカットしようかと思ったけれど
なんせバラが遅々として生長してこないので
ネタが欲しくてそのまま放置(^^;)
ニゲル10.27

開いてみれば何故か点々が。。。
病気でしょうか?
ニゲル11.2

株のことを考えて写真撮影後は蕾も含めてカット。
 
遅まきながら蕾を持ったレーシーレディ。
でも、その姿といったらレディの名前を返上してもらいたいほどの汚さ
レーシー10.26
留守中に花が終わってしまい、
今日は別の花が。。。
11月だというのに夏そのもののお花でした
レーシー11.2
 

やっと葉っぱの揃ったデュセス・ドゥ・ブラバンが開花♪

奥のボケた蕾は頭を囓られているけれど
手前のは期待できるそう(^^)

ブラバン10.27

秋のバラの開花♪と大きな声で言ってみたいけれど
この花びらの数じゃぁねぇ。。。
ブラバン11.1

隣の花は蕾の時に囓られた痕跡をしっかり残してるし。。。
ブラバン11.1-2

でも、全体像がアップ出来るバラは少ないので
我が家においてはこれでも上出来なのです(^^;)
ブラバン11.1-3

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。