プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ホント、花がない中でやっと見つけた蕾はルイアマード。
でも、なんだか小さめなのよね。。。。
という不安的中、なんとも情けない開花となってしまいました。
ルイアマード9.30

外側の花びらは傷んでるし、この花弁数の少なさは何?
まぁ、10日ほど前まで真夏日だったわけで
秋仕様を期待する方が無理なのかもしれないけれど
ブロ友さんちのギュッと詰まった花を見ると落ち込んじゃうわぁ。。。

今年は酷暑でイラガが大発生したため、バラの葉が太い葉脈だけになっていて
その所為かどうかわかりませんが、新しい芽がなかなか動き出してきません。
たわわに花を咲かせてくれるはずのナエマなんて黙りですよ。。。
秋の花は咲かないけれど、ピエールだってグイグイ枝を伸ばして欲しいのに
ちっとも大きくなっていません。
スポンサーサイト
 
娘の住んでいる官舎が取り壊しになるために
来年3月で出なくてはならないと告知を受けていました。
いずれ出なくてはいけないのなら、ゆっくり物件を探せるし
巷の情報では秋から年末に掛けては家賃交渉もできるということで
家探しを一緒にしようと土曜日から神戸へ出掛けてました。

息子が大学に入ったときや逆単身で家を借りた経験があるので
それを元に考えていたのですが、地域によって違うんですねぇ~。
友人の息子さんが京都で借りたときに更新料とか関東の比ではないことを
聞いていたので、神戸も近いかな?と思っていたのですが
神戸は礼金が1ヶ月とかじゃなくて20万、30万という単位で
その額の多さに唖然としてしまいました。
礼金で退去時の費用をまかなうためという説明を受けたのですが
どう見ても30万も掛からないでしょ!!
そんなわけで初期費用がかかるので、賃貸に入居するのにローンを組む人もいるとか。。。
信じられません!!!
商慣習の違いって大きいですね。

ネットで下調べをしていると敷礼0物件もあったので
それを条件に探してもらったのですが、全体の1割程度しかないとのこと。
これも地域間格差っていうヤツですね。
不動産屋の前にはびっくりするような低価格チラシが貼ってあり
それに引き寄せられて入ると、それはワケあり物件ばかりで
娘が一人で住むには不適当なものばかりです。
神戸は平地が少ないためどうしても家賃は高めになるのは仕方ないのですが
そんなことを受け入れるおばちゃんではありません(^^;)
しっかり値切って契約してきました~♪


2週間後には息子の引っ越し、1月後には娘の引っ越しがあり
母は「出番」を喜んでいるのです。。。。。が、
子離れできてないですよね


ゼフィランサス♪
ゼフィランサス
 
なかなか秋のバラが咲いてこない我が家。
やっと咲いたのがオクタビアヒルですが
昨日の雨に打たれてちょっと可哀想なお顔です。

オクタビアヒル9.28

それにたった1輪。
他の枝は新芽が出てないようなのもあって
続くお花もありません
水分を欲しがるバラですが、例年夏の雨が少ない当地といえども
地植えにしてるものはなるべく水まきしないようにしてます。
でも、今年後半はしんどそうだったので水まきしたものの
やはり水が足りなかったのがいけなかったのかもしれません。
CLも今一伸びてないし。。。


 
通勤路が毎度毎度の工事で対面通行になっていて
信号で止まったときに目に入ったのがこの景色です。
何だと思います?

黒米9.24-3

黄金色に頭を垂れているのは稲穂ですが、その前の黒いのは?
もう少しズームすると。。。

黒米9.24-2

もう、分かりましたか?
黒米です。食べたことはあっても田んぼに植わっている
黒米を見るのは初めてで結構感動しましたよ~♪
もう少し寄って見ましょうか。

黒米9.24

籾殻が黒いでしょう、当然中のお米も黒いはず。。。
持ち主さんから聞いたのですが、
これは餅米の黒米ということでした。
籾殻をむくと中は緑色なんですって。
炊いたらどうなるんでしょうね?(^^)
 
蕾が付いてるなんて全く気づいていなかった紫燕飛舞。
花が開けばその色は他を圧倒するようなピンクで目に飛び込んで来るわけで
あら~、咲いちゃったのねと反省しつつカット。

ユジェーヌ9.23


新苗なので木の充実を図らなければならないのに
紫燕飛舞は何度も同じ失敗をしてて、いくつも花を咲かせてしまった。
当然のことながら、その報いで木は相変わらず新苗状態でございます
 
10日前枯れかけの枝から展開した新葉が瑞々しいと思ったばかりなのに
今日はその先端に、ナント蕾を発見。
それも、憧れのジョセフィーヌ姫ですよ~~
もう、ホッペが緩みっぱなしでございます。(^^)
が、ちょっと気がかりなのは横に倒れつつあるような。。。
まさか立ち枯れの前兆?体側伸ばしならいいのですが(^^)
まっすぐ上を向いて伸びって行って下さいませ♪

ジョセ9.23
 
前回ドサクサに紛れて見逃してしまったダッチェスオブアルバニー。
2輪目が咲くのなら~♪とチェックをしていると小さな蕾を発見したのが
2週間ほど前でしょうか、それからの道のりが長くしっかり焦らされました。

9月19日
黄緑だった蕾に赤みが差して先端が割れ始めました。
おちょぼ口が可愛い~~♪
アルバニー9.19

9月21日
開きましたが。。。ピントが合ってません
アルバニー9.21

今朝の様子
どうです!この燦々と降り注ぐ日差し!雨予報はどこ?と苛立ちが。。。。
花よりも日差しをメインに撮ってみました(^^;)
昨日の花と比べても余り変化ないのですが、
ダイアナのようには開かないのでしょうか。今後しばらく注視ですな。(^^)
アルバニー9.22

*****追記*****
9月23日
ダイアナのように開くかな?と思って覗いてみたけれど
これ以上は開かないのかな?
あまり変化が無いね~~。。。
アルバニー9.23
 
当市の水がめが枯渇寸前です。
通勤路の途中にある小野湖が水源なんですが
お盆過ぎに通ったときはまだなみなみとあって
6月・7月の雨が多かったからと安心していたのですが
本日の様子
小野湖9.21

古い画像を探していたら、同じ角度のが見つかりました。
一昨年の冬なんですが、これでも少ない方、
本当は砂州のような部分も見えないのです。
小野湖

そんなわけで大渇水だと思うのですが、未だに工業用水のみの節水。
庭もカラカラなので水やりしないわけには行きませんが
人目を忍んで暗くなってからにしなくっちゃ(^^;)
先週も4日間雨マークが付いていたのに、1日降っただけで翌日からは
晴れマークに変わっちゃうし。。。
明日からも雨マークだけど、どうなることやら。。。
 
暑くてしばらく休んでいたマルガリータが花を見せてくれました。
でも、これ1輪だけ
昨日の様子、せっかくの花なのに虫に囓られちゃってる
マルガリータ9.15

今日の様子、すっかり開花、早っ!
マルガリータ9.16

花は少ないけれど、シュートがよく伸びて
この花もその先端に咲いているので、
重くってしな垂れている状態です。
決して、写真が上下逆というわけではありません(^^;)
 
今朝は予報ハズレの雨♪
涼しさも急速に進み、もってこいのガーデニング日和♪
昨日買ってきたヒューケラを地植えにしたり、
イモムシに喰われたり、茶色く枯れ込んだクレマの葉を整理したり、
半分残っていたクレマのポット上げをして名札を付けたり。。。と
思いっきり庭遊びを楽しみました~♪

その途中で見つけたのが、紫の上の花。
ヒョロンと伸びてて輪っかから垂れ下がってアーチの裏側で咲いていたので
葉の整理をしなかったら気づかなかったでしょう。
とっても小振りな壺形クレマチスで1cm余りしかありません。
跳ね返った弁縁には小刻みなフリル、
でもこれってトゲトゲしててあまり可愛くないわ~。

紫の上9.15

紫の上9.15-2

紫の上9.15-3

5月7月の花と比べると随分色が薄くなっています。
そして、残念なのは5月の苗を今の状態を比べると
断然5月の時の方が良いということ。。。。
肥料が足りてないようなので、今日は置き肥を全クレマに施しました。
 
今年2月に発芽したクリスマスローズのブラック。
ポット上げしてこの暑い夏を何とか乗り越えたのですが
(一部お☆様になってしまいましたが)
その生長具合が面白いほど違うんです。
生き物ですから個体差はあるとしても、
1年は違うでしょう!っていう位です。

早熟組
どんどん新葉が展開してきています、ルン♪
クリロ1

晩熟組
土が少なめなのは私の所為だけど
葉が1枚ってどうよ!!ファイト!!
クリロ2
 
『災害』とまで評された今年の夏、我が家の庭を振り返ってみると
バラにはイラガが異常発生し、葉がなくなってるものも沢山あります。
去年、ヘルムットシュミットに付いているのを初めて見たのですが
その猛毒ぶりをブロ友さんに教えていただいていたので、
今年はゴム手袋をしながらとりました。
イラガ

暑さが厳しくてバラの消毒も中止していたのが裏目に出てしまったのかもしれません。
雨が少ないのは毎度のことなんですが、葉灼けがひどくレオナルド・ダヴィンチなんて
茎まで黄色くなって。。。もしかしたら、水不足?(^^;)
後、ハダニの発生も多かったようです。

クレマチスは、2年目を迎え花数が増えたのですが、
剪定後黙りを決め込んでまったく動かず、暑さで息絶え絶え状態のものもありました。
ここに来て「生きてる」を誇示するように伸び始めたのは
ピカルディと
ピカルディ9.12

ジョセフィーヌです。
ジョセ9.12

茶色く枯れ込んだ葉が痛々しいですよね。
 
暑くて生長を休んでる株も多い中、今年2回目の花を見せてくれたマクロペタラ。
1番花よりも全体的に伸びて、1mほどツルを伸ばしているのもあるのですが
今回咲いてくれたのは輪っかの中だけ。
それでも、今年は咲かないかも?と春に思っていたことを思い出せば
木に登ったブタ状態です(^^;)
やっぱり、ヒラヒラは可愛いわ~♪
マクロペタラ9.12

マクロペタラ9.12-2

左下に1m程伸びた枝から出てる新葉が写っていますが
ここら辺りでの花は望めそうにありません
マクロペタラ9.12-3
 
挿し木をしていたクレマチスの鉢上げをしました。
発根しやすいとブロ友さんから聞いていたダイアナは
挿し穂の葉も緑色だったので、安心していたのですが
思った通り見事な根っこが出ていました。
ダイアナ9.11

一方プリンスチャールズは挿し穂の葉は枯れてしまい
諦めていたのですが抜いてみると根がしっかり出ていたので
新芽が出ることを信じて鉢上げしました。
チャールズ9.11

節を埋め込んで挿しているのですが、挿し穂をよく見てみると
節のところから発根しているわけではなく切り口からの根が出てるし、
このアバンギャルドなどは節の割れ目から根が沢山出ていました。
となると、挿すときに茎を少し傷つけた方が発根率が高まるのではないかと思うのです。
来年、忘れなかったらちょっとイタズラをしてみようと思います(^_-)
アバンギャルド9.11

もう一つの変わり種は夕霧。
節の下ギリギリでカットして挿したものですが
根が出る前に節から新芽が出てきていました。
夕霧9.11

赤玉土が無くなってしまったので鉢上げは途中で中断、
取りあえず50鉢ほど完了♪
 
壺形クレマチスの中で一番頑張り屋なのが夕霧。
9月の一番乗りも夕霧でした♪
クルンと跳ね返った弁先、前回は跳ね返りすぎて夕霧っぽく無かったけれど
今回は何処まで跳ね上げるのかしら?
夕霧9.9

夕霧9.9-2

今朝の涼しさは何処に行ったの?
酷暑が戻ってきてしまいました。
挿したクレマの鉢上げもそろそろ始めようかと思っていたのに
またまた家の中に避難して作業は中止です
 
雨の少ない台風でしたが、今朝起きてみると台風が通過した後に
それなりに降ったようで恵みの雨となりました。

ツルにも仕立てられると聞いていたシャンテロゼミサト。
ここにきてグッと背を伸ばし、170cmほどになってきました。
秋にもう一度咲いてもらおうとHTの秋剪定と一緒に
花をカットしました。
ミサト9.8

ミサト9.8-2

今回は頑張ったマダムグランジェと共にウェルカムフラワーにしました。
マダムグランジェももう1回咲いてくれないかなぁ~。
ミサト9.8-3
 
台風の影響で風が強いのですが、望んでいる雨は時々パラッと来る程度です。
そんな中で咲いていたのがキャラメルアンティーク。
厳しい日差しに負けない位オレンジっぽく咲いていたのに
今朝のキャラアンはすっかり色白さんになって今まで見たことの無い色です。
「黄色」っていうのが初めて見たキャラアンだったので
この色はこの色でびっくりです。

キャラアン9.7-2

キャラアン9.7

昨夕、空港に下りたときに車のフロントガラスが雨で汚れていたので
塩を含んだ雨が吹き付けたようです、その所為?なんてことはないですよね(^_-)
 
今年2年目の意ロウグチは、すごく調子が悪くて全く花を咲かせず
諦めていたのですが、一昨日水やりの時に蕾を発見
暑いので一気に咲き進むと思って度々覗きに行っていたのですが
今朝になってやっと完全開花宣言ができるような状態になりました。
9月2日
ロウグチ9.2

9月3日
ロウグチ9.3

ロウグチ9.3-2

2年目の他のクレマが去年とは比べものにならないくらい生長してるのに
ロウグチだけは背丈は伸ばしたものの、イモムシに葉っぱを食べられてしまって
とても花を見られる状況ではなかったので剪定したのですが
その後の伸びも今一で、再びイモムシ被害に遭い諦めていたわけです。
たった1輪ですが出会えて良かった



余談ですが
息子が東京転勤になりました10月からですが。
ますます東京行きが多くなりそう~~(^^)

って、明日から一足先に(先月のご苦労さん会ってことで)ちょっと出掛けてきます。
 
前回の記事にも書いたように花が1・2輪咲きそうになると
立ち枯れていたマダムグランジェですが、
どうしたことか、今回はばっちり咲いています。
普通の植物はこの暑さでダレているというのに
このこったらこの暑さが好きなの?
返り咲いてるクレマだって1輪だけとか、数輪というのが殆どなのに
春よりは蕾の数は減ってるけれど、開花率は断然に良いの。
まぁ、色とかね。。。。そんなとは目をつぶってくださいませ(^^;)
マダムグランジェ9.2-1

マダムグランジェ9.2-3

マダムグランジェ9.2-2
 
今年の国バラで出合ったラ・レーヌ・ビクトリア。
花をいくつも付けてる苗もあったけれど、
飛行機に乗せるには大きすぎるので新苗をお迎えし
早々に地植えにしたのですが、日当たりが若干少ない?と思い
鉢植えで1年間育てることにしました。
お迎えした新苗がどんどん咲いてくる中、なかなか蕾を持って来なかったのですが
枝も伸びて随分背丈が大きくなったところで初めての花を見せてくれました。
期待通りの花ではないけれど、一花見たので以降はカットだね。
ラレーヌ

ラレーヌ9.1

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。