プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ドクターラッペルとお店の人に言われたけれど
去年はもっと薄い色で咲いたので違う品種では?と思っていたのですが
やっぱり、正真正銘のドクターラッペルのようです。
花弁の端が波打ったようになるのが特徴とか。
シベも美しく開いてきました。

ドクターラッペル4.30-2

夕方の写真なんですが、幾分花を閉じているようです。
こんな性質もあったんでしょうか?

ドクターラッペル4.30
スポンサーサイト
 
1月に我が家にやってきたチビ苗4つは生育状況が芳しくなくて、
マシだった方の「マダムジュリアコレボン」にも異変が。。。
小さいながらも葉を茂らせ始めていたのに何やらクタ~っと。
立ち枯れでしょうね、写真を撮った後、諦めてカットしました
そしたら、2cm位離れたところから新芽が
もう、花を咲かせて♪なんて言いません、来年咲けばいいから根っこを充実させて下さい。

マダムジュリアコレボン

懲りずにチビ苗をまた4つお迎えしました。
立ち枯れず生長してくれたら、儲けものですね(^^;)
 
夕霧の花弁内側は色が変わっていくということだったので
今朝も眺めてみると。。。確かに変化していました。
この色赤紫というべきか、ダークピンクというべきか
色の表し方って難しいです。

夕霧4.29
 
虫に食われて美人さんには咲けなかったけれど
カクテルが咲き始めました。
一重なので、いくつもの蕾を追い越しての開花ですが
後続がありません

カクテル4.29
 
ウチのアイリスってスリムで頼りなげで
温かい目で見守ってあげなきゃって思うような風貌だったのに
去年ガッツリお礼肥をあげたからでしょう、結構逞しい感じ。


アイリス4.29

バラの間から顔を出しています。
前方はデュセス・ドゥ・ブラバン。ひ弱な感じのする木なのに、沢山の蕾を付けています。
後方は薫乃。いきなり蕾は開花1番で記事にしたのですが、その後の雨で開ききらないままカビがきて終了という残念な結末になってしまいました。

アイリス4.29-2
 
大好きなオオデマリ。
咲き始めの緑色の花が木全体につきました。(4/18)

オオデマリ4.18

咲き進み花の色が白くなってきました。(4/27)
歩くのに邪魔なので、毎年ガツンと剪定しているのですが
もっと枝払いをしても良さそうですね。

オオデマリ4.27-2

近寄ってみると。。。キャーン、やっぱり可愛い♪(^^)
オオデマリ4.28

一昨年、垣根の剪定をしてもらったときにガンガン踏みつぶされて、去年も咲かなかったシラー・ペルビアナ。
でも、今年は咲きそろってきました♪
ペルビアナの枯れた後寂しくなってしまうので
ホスタを植え込んだのですが大きくなりすぎですね。
ホスタをお引っ越しさせないと。。。

ペルビアナ

2~3球しかなかったのに、よくぞここまで増えてくれました
星形の小花が集まると存在感あり♪

ペルビアナ4.28




 
4月13日 う~~んと伸びをしていよいよお目覚めかと期待が膨らみました。
雪おこし4.13-2

4月23日 10日もかかってやっと蕾が緩んできました。
ユキオコシ4.23

4月25日 開き始めの花びらは筒状なんですね。
ユキオコシ4.25

4月26日 花を裏側から見ると中筋もアクセントになっています。
ユキオコシ4.26

4月27日 せっかく開いたのに雨です。。。無情。
ユキオコシ4.27

4月28日 3つめの花。グリーンがかって好みの色♪
ユキオコシ4.28
 
ピンクの女王、ジョセフィーヌ。
今日見てみると咲き始めのピンクののらない姿を発見。
万重の花びらをギュッと抱きしめてモコモコ(^^)

ジョセフィーヌ4.28-2

一月も咲き続けると書いてあったけれど
外の花びらはいよいよ終盤、色も褪せクタッとなっていますが
万重の花びらが一枚ずつ綺麗に開いています。
さすがに女王だと感心

ジョセフィーヌ4.28
 
早咲き大輪系のクレマも続いてきています。
昨日の雨の中で

伊勢原4.27-1

本日の日差しの中で、清々しい薄紫を見せてくれています。
今年お迎えしたばかりで地際から20cmくらいのところで
1輪だけ咲いています。
剪定したら1から出直しっていう感じになってしまうわ(^^;)
伊勢原4.28

花弁の外側にフリルが入っていますが
咲き進んだらどうなるか、楽しみです。

伊勢原4.28-2
 
昨日、雨の中で夕霧が開き始めました。
夕霧4.27

夕方、仕事から帰って覗いてみると
内側がグリーンで「若紫」?と思うようだったのですが(写真を撮っておけば良かった)
今日覗いてみると弁先の方から紫色が入ってきてます。
夕霧4.28-2

弁先のカールが初々しい。
夕霧4.28

夕霧4.28-3
 
寒い中根洗をして植え付けたマクロペタラは
ご機嫌を損ねたようでなかなか新しい葉が展開してこなかったのですが
数日前に脇から新芽を出し、伸び始めました。

マクロペタラ4.27

そして、旧枝からも芽を吹き始めました♪
マクロペタラ4.27-2

ブロ友さんのところでヒラヒラのアトラゲネ系をみせてもらって
良いなぁ~って指をくわえていたのですが、
この分じゃ今年は指をくわえたままで終わりそう
でも、1月にお輿入れしたばかりだから、今季は株の充実を目指しましょ(^^)
 
元総理じゃありませんよ。(^^)
「柿生」の兄弟実生で品種名は作出者の住んでいた地名だそうです。
くすんだ花色、中筋もハッキリしない花弁ですが、
株が充実してくると半八重咲きになる可能性もあるとか。
期待を込めて育てることにしましょうか。

4月24日  開き始めは期待できますね

麻生4.24

4月25日  もう一息、頑張れ~~
麻生4.25

4月26日 チビ苗からの開花なので8cm位です。
このサイズのままでいてくれたら良いかな?


麻生4.26
 
花が咲いてる壺形クレマチスの最後は「紫の上」です。紫の上4.25-5

大きく反り返った弁端を見るととっても元気な感じがします。紫の上4.25

内弁は端に薄紫の覆輪があるようで、中央の明るい紫を優しく包んでいてくれるよう♪紫の上4.25-2

上から見ても、大きくカールした弁端がはっきり見えます。紫の上4.25-3
 
「藤かほり」さんです。
2つお花を付けてやってきてくれました。
株も充実していて安心して見守れそう♪

藤かほり4.25

濃いこの紫は、ウチにある「ロウグチ」の色に似てるような気がしますが、弁端の反り返り方がちょっと違うかしら?
去年のロウグチさんを忘れてしまったわ(^^;)

藤かほり4.25-2

内弁はフェルトの様な感じで赤みがかった深い紫色で
引き込まれてしまいそうな大人色です。

藤かほり4.25-3
 
我が家にも壺クレマチスがやってきました~♪
ブロ友さんのところで壺形のクレマチスを見せていただいて
小振りな可愛い形に心揺すぶられていたのですが
この「若紫」を見た時には、我慢できない衝動に駆られ
完全に心を射貫かれイチコロでした。
昨夜届いたので、暗くて本来の美しさを見極めることができず
今朝は起き抜けから眺めてニヤニヤしてます。

若紫4.25

形良く反り返った弁端がたまりません。
内弁の萌葱色が一番の魅力だと思うのですが
日差しが強すぎてその色が表現できません。
陽が傾いたら、麗しいお色を取り込みたいと思います。
若紫4.25-2

******追記******
見て下さいませ~♪
萌葱色と、とあるところで読んだのですが
フェルトのように見える所為でしょうか遙かに淡い色です。

若紫4.26

1日経って、弁端がしっかりカールしてきました。
かわいい

若紫4.26-2



 
朝一番、まだ雨が葉っぱに残っている状態の中で
昨日から懸案だった消毒をしました。
とりあえず、ガッツリ喰われたデュブリュイから。
どこかに潜んでいるのでは?と思ったのですが
動く様子もなく、後から鉢を持ち上げて下からのぞき込んだりもしたのですが
結局犯人は捕まえられませんでした。

ところが、10mほど離れたミニバラに消毒液をかけたら
何やら緑の枝のようなものが動くのです。
「ぐるじい~~」って言ってるように体をぐわぁ~~んと反り返らせて固まってしまいました。
そのまま外出したのですが、帰ってから見ると固まったまま枝にくっついていました。

ホソオビ4.24

中央辺りで横になっている緑のヤツです。
もう一つ、葉のない葉柄の後ろ側で縦になっているのもいます。
3株植えているのですが、コイツがいたのはこの株だけで
全部で5匹もいたんですよ。
ホソオビって保護色になって身を隠すというので
これってホソオビの幼虫ではないかと思うのですがどうでしょう?
 
やっと暖かな日差しが戻ってきたので
躊躇していたフリンジ咲きのハウステンボスが開花しました。
白からピンクへのグラデーションが綺麗な花ですが
白い部分がかなり多めです。
咲き進んだらピンクが増えてくるんでしょうか。

ハウステンボス4.24

ビオラとの寄せ植えです。
最後のチューリップだと思っていたら
ハウステンボスの横に蕾を発見。
何を植え込んだのかも忘れちゃった(^^;)

ハウステンボス4.24-2

このビオラ、薄紫なんですがブルーになってしまいます。
カメラでは難しい色ってありますよね。
 
昨夕からずっと降っていた雨が上がったので
庭のパトロールに出てみると、雨滴がバラの蕾に付いているというのに
もうバラゾウがやってきてて。。。もちろん潰しましたけど(^_-)
問題は鉢植えのデュブリュイ。
この前見つけた蕾が大きくなって来てるのを確認してニヤッ
続く蕾は。。。。と見てみると。。。

デュブリュイ4.22

もう一つは
デュブリュイ4.22-2

大きく囓られた穴が貫通して向こう側が見えるなんて、
こんなことしたのは
出てらっしゃ~~い
 
ブラックヒーローと一緒に植え込んだ
アンジェリケが咲き始めたのですが
色が随分違うのです。なぜ?普通はピンクですよね。

アンジェリケ4.21

斑入りのようにピンクが入っている色の抜けた白も
これはこれで可愛いかな?と思うのですが。

アンジェリケ4.21-2

ブラックヒーロー&アンゲリケ

ユリ咲きのバラード
とりあえず1輪だけの開花です。
太めの覆輪の白がピンクを優しく包んでいます。

バラード4.21

バラード4.21-2



 
早咲きの満州黄が咲き始めました。
弱剪定品種なので秋に枝をまき直したのですが
節々から枝を伸ばし、たくさんの蕾を従えています。
4月19日
待ちに待った1輪目の開花。
花弁を丸めて初々しいこと(^^)

満州黄4.19-2

裏のグリーンな葉脈もきれい♪
満州黄4.19-1


4月20日
翌日になるとすっかり開いて黄色味も薄くなってきてます。

満州黄4.20


4月21日
花数も増えて見応えが出てきました。
夫の母へ贈るつもりです。。。本当は、、、
同居している義兄がクレマはお気に入りらしいのです(^^)

満州黄4.21

一季咲きですが花数が多そうなので挿し木でストックを作っておこうかな?
生け垣に這わせるためには株数が必要だもんね。
 
ジョセフィーヌ、ビエネッタと一緒にやってきたのは
オールドローズのマダム・ピエール・オジェ。
ラ・レーヌ・ビクトリアの枝変りといわれるブルボン系のシュラブ・タイプだそうで、
トレリスにも誘引できるとか。
とりあえず鉢植えにして木を育て、定位置を決めないとね♪

オジェ4.19

もう一つ一緒に来たのはフランネルフラワ-。
去年もお迎えしてお星様にしちゃったというのに
懲りずにまたまたお輿入れ願いました。

フランネルフラワー4.19

寄せ植えにしたいと思うけれど、
ちょっと気むずかしいコので単体で頑張ってもらいましょう
 
朝の水やりで見つけたのがこれ。
デルフィニウム4.18

種から育てたデルフィニウム。
定植できるまでに育ったので4~5日前に植えたのですが
ネキリムシの悪さでしょう。
本当にもう~~~
バラの間で涼しげに揺れてもらうはずだったのに。。。

そして、もう一つ。
ブロ友さんのところでも紹介されていたブラインド。
一つも蕾を持ってないのが5株ほどあって
その中で芽吹きもそんなに遅くはなかったものを見ると
どう見てもブラインドのようで諦めてカットしました。
寒さで遅れ気味なのに一から出直しなんて。。。

ヘルムットシュミット

ヘルムットシュミット4.18

挿し木の白バラ
挿し木バラ4.18
 
糸水仙ももう終盤です。
糸水仙

リビング前の花壇で咲いている水仙

水仙その2
正面からグッと寄ってみると、内弁の形が可愛いのです♪
水仙
ゴールドクレストの足元に植えたら陽が十分に当たらず
徒長したものの枝に行く手を阻まれ、暴れまくりのフリージアです。
水も肥料も殆どもらえないのに分球して増える優等生。

暴れフリージア
 
ブロ友さんのところで似たようなチューリップを見つけて
検索してみたのですが確証がもてません。
バレリーナ?かしら。
お行儀良くならんでいます(^^)

バレリーナ?4.16

ユリ咲きなので先端はツンツンしてます。昨日の様子
バレリーナ?4.16-2

今日は思い切り開いたので弁底も確認(^^)
バレリーナ?

ブラックヒーローもやっと開きました。
八重咲きなので晴天の今日は心地よい風に揺れています。
光で色が飛んじゃいました

ブラックヒーロー4.17

こんなお色です
ブラックヒーロー4.17-2

同じチューリップなのに、咲き進んで退色すると異色同品種と思うような違いです。
コラボチュウー

原種たち
原種

リトルプリンセス。去年掘り忘れたのが1輪。
本当は地植えでOKなんですよね。
今年はちゃんとラベルを立てておかなくっちゃ♪

原種その3

ウチにはまだお寝坊さんのチューリップがいるのですが
そろそろ咲いてくれないとね。


 
クレマチスって一重のシンプルなのしか知らなかったのですが
ブロ友さんのところで八重の豪華な花を見せてもらって以来
欲望が大きく膨らんで、いつか出合いがあればと思っていました。
外の仕事ができないと。。。
指がポチって動いちゃうんですね(^^;)
なわけで、昨夕やってきました。
ビエネッタ
花が終わったら鉢増ししようと思っています。

ビエネッタ4.16

ビエネッタ4.16-2

ジョセフィーヌ
八重よりも花弁多い万重咲きで花期もひと月ほどと長い。

ジョセフィーヌ4.16

ジョセフィーヌ4.16-2

*****追記********
水やりをしていて気づいたのですが
こんなお花も咲いてました。
咲き進むとこんな針状になるのでしょうか。
1輪だけなので今後の花の進み具合を要チェックです。

ジョセフィーヌ4.17
 
昨年種を蒔いてポット上げし、
庭に定植したオダマキがやっと1輪開きました。
今まで植えたこともなかったので
花をマジマジと見たことがないのですが
種から育てたという想いもあって、すごく可愛い♪

オダマキ4.15

オダマキ4.15-3

オダマキ4.15-2

腰痛のため屈んで写真を撮れないので
ノーファインダーでシャッターを切りました。
その腰痛なんですが、
今日再診に訪れたところ、医師から
「草取りは一番良くないので止めてください。」
と言われてしまいました。
庭いじりが命の私にとって草むしり禁止令は
余りにも残酷というものでしょう
これから草がどんどん伸びてくるというのに
バラが草に隠されちゃうよ~~
 
まだ、こんなにクレマチスに夢中になる前に唯一持っていたのがモンタナでした。
お気に入りだったので引っ越し先まで連れて行ったのですが2年目に結局枯らしてしまった上
昨年、チビ苗でお迎えしたものの「立ち枯れ?」でダメにしてしまった品種。
それでも、やっぱり欲しくて今年もお迎えしてしまいました。
2年生苗なので、これならいけるかな?と思うのですが油断はできません。

モンタナ・エリザベス4.14-2

モンタナ・エリザベスは淡いピンクの花色なのですが
日差しが明るすぎて本来の色が出ませんでした。
囓られた花びら、クレマにも敵は多そう。。。
弱剪定なのでバラに絡ませるのは適さないと思い
山茶花に絡んでもらうことにしましたが
山茶花ってチャドクガが大量発生するんですよね。
とりあえず、今年はこれで試してみましょう。

モンタナ・エリザベス4.14

去年の枯れた?モンタナは、未だに捨てられず水やりしてます(^^;)
そろそろすっきり別れを告げた方が良いのかもしれません、
明日辺り鉢をひっくり返してみましょう。
 
我が家のクレマ1番乗りはカートマニージョーでした。
本来ならもっと早く咲くはずの品種ですから
1番乗りは当然と言えば当然なんですが
他の花が咲いてこないので、見つけたときはニンマリ(^^)

去年開花株をお迎えしたものの、ウチに来たときは
既に花も終わりかけていたので大株に育てるつもりだったのですが
よく勉強もせず、たっぷり水をやり(単に雨ざらしにしただけですけど^^;)
結局はお星様にしてしまいました。
早く咲く品種が欲しくてアーリーセンセーションを探したのですが出会いは無く
売り物?と思うような扱いをされてるコの中からの持ち帰りなので貧相ですが
来季こそは大きくするために雨の当たりにくいコニファーの足元に植え込んでみました。

カートマニージョー4.13

グリーンのしべと白い花弁の清楚な感じが好き♪カートマニージョー4.13-2

2番目は雪おこしだろうと思うのですが
ブロ友さんのところで見かけたように八重咲きって
咲き始めは「殿」になるのかしら(^^)

雪おこし4.13

一つなら「たまたま」ってこともありだろうけれど
並んでるとね

雪おこし4.13-2
 
3月15日に「いきなり蕾」を発見してから一月足らず。
もっと暖かさが続けば、早い開花になったのでしょうが
今日、雨の中での開花宣言とします。

昨日の雨上がりの様子。
本来の薫乃はピンクアプリといった感じで
まだらに入ったピンクは薫乃にはちょっと濃すぎるかな?

薫乃4.11

今日、たっぷりの雨にうたれて。
寒くはないけれど、花びらが傷んじゃいそう。
早く上がっておくれ♪

薫乃4.12
 
種から育てているクリスマスローズのブラック。
本葉も展開してきてるので思い切って鉢上げしてみました。
液肥を与えて根の充実を図りたいと思います♪

ブラック4.11

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。