プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今年最後の写真は、クリスマスローズの蕾です。
気温の影響だけでなく、早咲き遅咲きの品種の違いがあると
教えていただいたのですが、ウチのは遅咲き系が多いようで
蕾が大きな葉の中にちょこんと乗っているような状態です。
ddグリーン、
去年初めてダブルのヘレボがあることを知り
欲しくて欲しくてたまらなくなり、
オークションで落とした子です。
開花までは、もうちょっと時間が掛かりそうですね。

ddグリーン

ddグリーンとしてお迎えしたけれど、花色は白なのでカテゴリはddホワイトに変更

******************************
今年も残すところ3日。
ローズガーデンを目指して1年3ヶ月ほどですが
諸先輩方からいろいろご指導を受けつつも
木の生長は今一つのものもあったりして
もっと勉強する必要を感じた1年でもありました。
欲しい品種をそれなりに揃えてきたので
来年はそれらの木に沢山の花を咲かせられるように
頑張りたいと思います。

子ども達が親の元を離れてまもなく2年。
元気で仕事に勤しんでいて、親としては有り難いことですが
当たり前に子どもがいた生活を思うと、それはやはり寂しく
張り合いのない日々であったことを思い、
ふと、我が親に思いを馳せてみると
結婚以来27年、ずっと実家からは遠いところばかりに住まいを構え
盆・正月しか顔を見せてなかったことに気づきました。
去年は子ども達が帰省してくるというので
嬉々として正月準備をしていたのですが、
きっと母も帰省してくる娘を待っていたんだろうと思い
子ども達が所帯を構え私たちのところへ来るまでは
実家に帰省することにしました。
生きてるときにしか親孝行は出来ませんものね。

そんなわけで、明朝から帰省します。
今年、この拙いブログにお越し下さりコメントを残して下さった皆様、
いろいろご指導下さった皆様、ありがとうございました。
来年も皆様にとって良い年となりますようにお祈りいたします。
スポンサーサイト
 
11月が暖かかったせいか
12月には雪も降り、今日は10度にも満たない気温だというのに
春の花が咲いています。

ムスカリ
流石に首を伸ばすことはできなくてグッと下での開花です。

ムスカリ

芝桜
ちょこっとだけ、数ヵ所。

芝桜

今日は運転免許の更新手続きに行ってきました。
年が明けると手数料が上がるというので、大急ぎで(^^;)
前回は駐禁の時効まで4ヶ月くらい足りなくて
ブルーのまま5年間待ったのですが、
今回晴れてゴールドを手にすることが出来ました
これで、来年からの任意保険が若干お安くなるとか。。。それも楽しみ♪
制度の改定で今まで普通免許だったのですが中型免許に変わりました。
といっても、8tまでの中型車に限定ですけど。
(実質今までの免許と内容は変わりません)
そもそも、中型車に属する車には乗らないので?(乗れないので)
個人的にはどうでも良いんですけどね。
 
ツルバラの大物を誘引し終えたので
挿し木苗のプロスペリティとマルガリータも誘引したものかどうか
見に行って、びっくり!
なんとプロスペリティが咲いているではありませんか。
ヒョロヒョロの枝咲きに房になって可愛い姿を見せてくれていたのです。
まさか咲くなんて思いもしなかったので、
すっかり放置してて、誘引できる長さかな?と思って
持ち上げた先に花を見付け、感激のご対面となりました。

プロスペリティ12.27-2

プロスペリティ12.27-1

プロスペリティ12.27-3

本当は葉をむしって誘引しなくちゃいけないのですが
1月上旬までに誘引すればいいと本に書いてあったので
もう少しこの状態で楽しむことにしました。
なんと言っても、まだ蕾の房があるんですから。。。
でも、咲かないかしらね。
 
昨日、一季咲きのツルバラを誘引し、
今日はサハラ、レオナルドダヴィンチ、アンジェラの誘引をし
大きなツルバラは誘引を完了しました。

葉が青々と茂り、とても休眠期とは思えない状態のサハラでしたが、
今の時期が適期ということなので、思い切って葉をむしり
誘引を終了しました。
ただ、去年植え付けてからシュートもバンバン出て
伸び放題にしておくことができず時々誘引していたので
葉をむしった後、若干の誘引で済みました。

サハラ12.27

サハラ12.27-2

春の花が少なかったので、小枝が余り出ていません。
来年は新しく芽吹いて一面の黄色になったら良いのですが。
 
クリスマスシーズンの今、テレビでは綺麗なイルミネーションを
映し出していますが、田舎ではなかなかお目にかかれず。。。
(ま、ちっぽけなのはありますけど)
「いいなぁ~、東京は綺麗なイルミネーションがあって。。。」と呟いてみたら、
「じゃぁ、行ってみるか。」と全く予期せぬ言葉が返ってきて
ここで「止める」というとまたへそを曲げられることは必至なので
『言うんじゃなかった』と後悔しつつ、出かけてみたわけです。
といっても、東京じゃなくて「門司港レトロ」ですけど(^^;)
手前の欄干は跳ね橋のもので、イルミネーション奥がレトロ建築です。

門司港レトロ12.24


イブの夜だというのに、カップルがいないのです。
東京の人の多さは異常だとしても、もう少し人が出ても良いんじゃない?
平日だから?不況だから?などと話しながら食事の取れる場所を探していたら
土産物店が並ぶ端っこに小さなお店があり、入ってみると客は1組だけ。
おまけに「7時を過ぎたので、メニューは焼きカレーのみとなります。」とのこと。
「ええ~!7時過ぎで単品メニューになっちゃうわけ?」と目が点になりながら
焼きカレーは名物だとローカルテレビで言っていたのを思い出し
「じゃぁ、それをください♪」。。。。身替わりの早いこと(^^;)

焼きカレー12.24
カレーの上にゆで卵をスライスしてチーズを載せオーブンで焼いた焼きカレーは
外が寒かったせいもあるのでしょうが、アツアツで美味しかったです。
その後人が次から次へと入って来て
単品メニューにも関わらず、出る頃には満席になってることを思うと
名物は味も良いということなのでしょう♪



 
寒い寒いと思っていたら、雨も降り出してきました。
もう、外で咲かせるのは可哀想と思って家に入れたバラです。


グラハムトーマス
家に入れて3日目くらいで開き始め、もう終盤の感じになってしまったので
慌ててカメラに収めたのですが、下を向いて咲くので首つりみたい
昨日、外の木を見てみたら、この期に及んで蕾が3つもできてて
「間違ってるわよ!」とたしなめつつもガクが下りたら
家の中に入れようと。。。(^^;)

グラハムトーマス12.25

サマーレディ
実はまだ外の木にもたくさん蕾をもっているのですが
お部屋の中の花は幾分濃いめの色で花びらも夏より多めに巻いて開き始めました。

サマーレディ12.25
 
年末に向けて気温が下がるようなので
重い腰を上げてツルバラの誘引に取りかかりましたが、
昨日までの暖かさはどこへやら。。。
寒さに負けて今日はニュードーンだけで退散です。

枝を下ろして葉をむしっていると
ニュードーンが我が家でもピコティになってました♪

ニュードーン12.25

ニュードーンはどんどんシュートを出してくるので
去年の冬に植えたばかりなのに、大きく生長していました。
生育旺盛なので、もっと思いっきり剪定しても良いのでしょうか?
アーチの幅が30cmほどなので、豪華に見せたくて
アーチの外側まで大きくうねらせてみました。
面になるように花が付いてくれると良いのですが。

誘引12.25
雨も降り出しそうだったので、ビニタイで仮結びにしているので
暖かい日に麻紐できちんと固定してあげないといけません。
 
昨日、ボケを移植したので長く待たせていた
緑光とラベンダーピノキオの定植をしました。
移植したと言っても、根を切っての移植なので
バラの穴を掘る時に残った根がたくさんあって
引っこ抜きながらの穴掘りだったので
時間が掛かり腰の疲労もピークに。。。

仮植えしていた緑光は新しい根が沢山出てきてて
もっと早くに定植してあげるべきだったと後悔。
周囲にはボケの株元にあった芝桜をところどころに配置。

緑光12.24

まだまだ葉をたくさん付けてるラベンダーピノキオ。
馬酔木の跡地に収まりました。
同じく芝桜をグランドカバーのように定植しました。

ラベンダーピノキオ12.24

後はウツギを移植すれば、バラエリアⅡは完成するのですが
思ったよりもスペースがあり、新しいお仲間をお迎えできるかも?
と思って検索してみたのですが、欲しい苗が売り切れもしくは扱いなし。。。
時期が遅すぎましたかね?
 
去年作ったバラゾーンには6本のHTやERを植えたのですが
あれもこれも欲しいとお迎えしていたら、
定位置を確保できなくなって馬酔木やボケがあるところも
バラのエリアにすることにしました。
そこで、今日は馬酔木の植え替えをしました。
周囲の竜のヒゲは去年植えたのですが
繁殖力が旺盛で面になりつつあったので
もったいないと思いながらも引き抜いて、
その後本命の馬酔木へ。
それほど大きな木ではないのですが、
植えて10年以上経っているので
根がしっかり張っていて、掘り起こすのに一苦労でした。
すでに蕾がすずなりに付いていて、、、
春にちゃんと咲いてくれると良いのですが。

馬酔木

この後、竜のヒゲを戻して完了しました。
明日は、ボケ。。。。腰がもつかしら(^^;)
 
連日の雪で引きこもっていたのですが、肥料も届いたことだし
仮植えしておいたスブニール・ルイアマードを定植しました。

ルイアマード12.21

LDブレストもリビング前のバラエリアに定植。
挿し木苗の1年目です。やはり枝が細くてひ弱な感じ。
枝の充実を図らないといけませんね。

LDブレスト12.21

リビング前のバラエリア。
ピンクのバラを中心に8本。咲きそろったらLDブレストの赤で
締まった感じになる予定です。
早く、花が咲き乱れる季節にならないかしら♪

ローズガーデン12.21



 
花びらの多さといい色といいお気に入りの花だったので
玄関脇のラティスの這わせようと植え付けた
ツルバラのレオナルドダヴィンチだったのですが、
その性質をよく調べてみると、2~2.5m程しか伸びないというので
4m近くあるラティスには相応しくないと思い植え替えることにしました。

うっかりしていたら、ラティスをくぐり抜けて枝を伸ばしていました。
うまく引き抜けるか心配だったのですが、
去年植え付けたばかりだったので、根の張り方が弱く
余り苦労することもなく引き抜けました。

レオ12.21-1

ハーブエリアの端っこに定植。
でも、シュートはまともなのが1本出てるだけで
他の枝の生長が見られません。
1年育てたというには、あまりにも生育不良です
原因は水不足と肥料不足かなと。。。
レオ12.21-2
1本だけオベリスクの先端まで。。。
誘引は明日の仕事かな。

レオ12.21-3
 
まだまだ寒波は去らないようで、今日で4日連続雪がちらついています。
雪の被害はないかと見回りをしてみたら
やっぱり、ジャストジョイは凍傷になってました。
何だか、見てて可哀想になったので切り取って
暖かい部屋へと避難させることにしました。

ジャスト・ジョイ12.20

今年2回目の花は持たないのかしらと思っていたら
1輪だけ蕾を付けてたグラハムトーマスも
ここに来てやっとガクを下ろし、開き始めましたが
この寒さでは開くに開けないのかも?と思って
同じくお部屋へ避難させました。
せっかく環境を整えたのだから、綺麗に開いてくれると良いのですが。

グラハムトーマス12.20
 
昨日初雪が舞い、今朝は起きてみると鉢の上に雪が積もっていました。
ミモザの上に雪が。
今年は花が咲きそうです。
雪ミモザ
夏とは違って、花びらをたくさんもったジャストジョイ
雪ジャストジョイ
チューリップとビオラの上にも
雪&パンジー


今日は本来仕事の日でしたが、雪を見越して昨日に振り替えておいて大正解でした。
でも、今晩忘年会が。。。大雪の場合は中止になるとか・・・?
お料理大丈夫?と思うのですが、幹事さん悩んじゃいますね。

晴れ間が覗いたり、雪が舞ったり。。。
コタツに潜って読書三昧といきたいところですが、
年賀状を忘れてました
 
先月植え付けたプリムラビアリーの葉が黄変してきてしまったので
植え付け方に問題があったのかもしれないと思い、
タキイ種苗へメールで問い合わせたところ、早々に電話で回答を下さいました。
その結果、ビアリーは今の時期黄変していても問題ないとのことで
中心部から新しい葉が出てくると教えていただきました。
可愛い花を期待しているので、枯れてしまったらと不安だったのですが
ひとまず安心して、ゆっくり春を待てそうです。

ビアリー
寒波がきていて雪予報も出ていることだし
雪の下になっては可哀想なので、とりあえず庇の下へ避難させておきましょう。
 
今季最後のお迎えは、デルバールのスブニール・ドゥ・ルイアマードです。
淡いピンクのオープンカップ咲きで多花性とのことです。
バラのピンクエリアに指定席が決まっていて、植え穴の準備は万端だったのですが、
植え付け時の肥料熔性燐肥が品切れで、HCに買いに行ったのですが、
NHKの「やさいの時間」でタマネギに燐肥が良いと言っていたせいでしょう
HCでも入荷してもすぐ売り切れるとのことで、手に入れられませんでした。
燐肥を予約してきたので、入荷を待っての定植となります。

スブニール・ドゥ・ルイアマード12.13
たくさん枝が付いています。
結構太めの枝が4本あるのですが、左から2・3本目のがなくて
その分太さに廻っていてくれたら、言うことなしですが。。。
そういうわけにはね。。。
 
今日は大雪。
暦通り寒い朝で、寝ていても頬が冷たかった。
それでも、陽が上がれば日だまりは暖かく
いつもの如く我が家のお犬様がダレダレで
ひなたぼっこを楽しんでいました。
カメラを向けるとすぐに立ち上がってしまうのに
今日はダレたままで本来の姿を収めることが出来ました。(^^)
余程気持ちが良かったのでしょう♪
左右の足が乱れてますが。。。

ブー2
Mix犬のため、お父さんかお母さんが短足だったのでしょう、
そのDNAを受け継いだために超短い足です。
そのため足が頬までしか伸びません。。。でも、それが可愛い♪
ブー
 
イングリッシュローズのジュード・ジ・オブスキュア。
先日届いたオクタビア・ヒルに比べればいいのかしら?
極太の枝はなくて、中位の太さの枝が4本。
でも、根の色はよく長さも本数も沢山あったのは救いです。
今回は、気合いを入れて肥料の上に入れるピートモスと混ぜる土を
ふるいに掛けて植え込みました。
ふかふかの土なのでしっかり根を張って充実した株になってくれると良いのですが。

ジュード12.6
 
クリスマスローズの古葉切りをしました。
古葉
こんなにたくさん、カットしたわけですが
本当はもっと切った方がいいかな?と思う株もあったりして。。。

古葉切り後
花芽をもっているのは1つだけ。
花後の肥料が足りなかったのかもしれません。
株の充実を心がけねば。。。
 
1年前に大苗で植え付けたCLサハラ。
コクテンには強いものの、チュウレンジベビーの大好物のようで
消毒が遠のくとすぐに虫が付いていたのですが
生育旺盛で太いシュートを何本も出し、面を作るまでになりました。
夏前には数輪の花が咲いたのですが
夏以降は蕾が上がらず、ひたすら枝を伸ばしていました。
11月になって1つだけ蕾をもち、今日の開花となりました。
12月1日。
蕾が緩んできました。

サハラ12.1

12月2日
師走とは思えない暖かさの中、咲き進みます。

サハラ12.2

12月4日
夏よりも濃い黄色で咲きました。
小振りな花がお気に入り♪

サハラ12.4

***追記*****
12月6日
伸びた枝の様子

サハラ12.6
 
12月だっていうのに、秋の~なんていうタイトルも変なんですが、
やっとサマーレディが咲き始めてきました。
夏に比べると花弁数もやや増え、色も深くなってきました。
蕾もたくさん従えています。

サマーレディ12.2

隣のカクテルとで、庭を彩っていてくれます。
レディ&カクテル
 
花びらをたっぷりもって咲いてくれたミサト。
家を空けたので、その後を見ることが出来なかったのですが
帰ってみるとあのまま開ききることなく外弁が散り始めました。
秋の花って、控えめなんですねぇ~。

ミサト12.2
中弁が全部見られないのがちょっと残念な気もします。
 
昨晩、オクタビア・ヒルが届きました。
ブロ友さんのところで、花がびっしり付いたオクタビア・ヒルを
見せていただいたので期待の子の到着なんですが、
箱を開けてみるとなんとも心許ない枝が。。。
太いのは1本だけ、おまけのように小枝が付いているだけです。
植え付けるときに根をよく見ると、黒っぽくて10数cmほどのものが殆どで
頼りになるわ♪って思えるものは1本だけ。。。
「大苗」っていうのを信じましょ。

オクタビア・ヒル12.2
 
関東から元同僚9名と京都駅で合流し、京都の紅葉を満喫してきました。
嵯峨野の宿に荷物を置いて、嵯峨野散策をしたわけですが
紅葉のトップは宿の庭です。
保津川や高瀬川の開削でしられる角倉了以の邸のうちの一つだそうで
豪華な庭や屋敷はその隆盛を感じるには十分なものがありました。

花のいえ2

花のいえ3

常寂光寺も二尊院も既に紅葉は終わっているらしく
タクシー運転手が教えてくれた穴場、鹿王院へ。
足利義満が寿命を延ばすことを祈って建てた禅寺だそうです。
山門をくぐると、紅葉のトンネルが。。。感嘆

鹿王院1

鹿王院2

1デジは大きくて重いので、コンパクトカメラを急遽買ったものの
使い方が今一つよく分からなくて、せっかくの紅葉が。。。。

もう一つ勧められたのが、大覚寺のライトアップ。
大沢の池に映る心経宝塔に見とれてしまったのですが、
やっぱり、ピントが。。。
大覚寺

2日目は足利尊氏によって建立された臨済宗の総本山、天竜寺へ
期間限定で加山又造の「雲龍図」が公開されていたので
見てきたのですが、八方睨みの龍は圧巻です。
当然のことながら雲龍図は撮影禁止なので、写真はありません。
天竜寺のお庭も綺麗だったのですが、
その美しさを切り取れていないため、写真はパス

隣の宝厳院は、一昨年「花灯路」(ライトアップイベント)でも行ったのですが
ここのお庭は最高です。
花灯路の時期は落葉してしまっているのですが
ちょうどピークを過ぎようとする辺りだったので
紅葉・黄葉が重なり合って、この上ない美しさを堪能できました。
宝厳院1

最後に行ったのが、弥勒菩薩で有名な広隆寺。
ウットリするような微笑みの弥勒菩薩は暗くて
しっかりと拝見することは出来なかったのですが
やはり、ここもお庭が綺麗でした。
宝厳院のように混んでいなくて、ちょっとした穴場です。
広隆寺1

紅葉なんて近場でも十分だと思っていたのですが
負け惜しみ以外の何ものでもありませんでした。
やっぱり、紅葉は京都!のようです。

新しいカメラ、しっかり研究しなくっちゃ。。。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。