プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
以前はよく通ったスーパーですが、最近では新しいお店ができたせいか
清潔感に欠けるような気がして遠ざかっていました。
久しぶりにいってみると苗を仕入れる担当者(若くてかっこいいお兄ちゃんなのよね)が、ちょうどトラックから苗を降ろしてるところでした。
苗情報をキャッチしたり、売れ残り苗を格安で交渉したり。。。
イングリッシュローズも2週間ほど前に入れたと聞き、
やっぱり時々覗かないとダメね、とちょっとだけ後悔。
もともとスーパーの園芸コーナーなので格安なんですが
最後の1鉢だから半額にしてあげるというので、
連れてきた子が「ラベンダーピノキオ」
最近、花びらギュギュッと系を迎えることが多い中、
異色の子が仲間入りです。

ラベンダーピノキオ11.27



スポンサーサイト
 
夏に1輪咲いてくれたシャンテ・ロゼ・ミサトでしたが
ちょうど旅行中で開花を見逃してしまいました。
今回も明日から出かけるので、その前に何としても
拝みたいと思っていたのですが、何とか間に合ったようです。

11月11日
ピンクの花が咲く予定なのに、この蕾の色は。。。。?

ミサト11.11

11月26日
解けてきました~~。
ピンクの花びら。。。間違いありません
う~~ん、花びらが詰まってる~~
ミサト11.26

そして、今日。
本当に沢山の花びらをもっています。良い子
昨日、今日と暖かだったので咲き進んでくれましたが
帰ってくるまで頑張ってて欲しいものです。
ミサト11.27


 
11月18日の様子。
蕾を囓られてしまったLDブレスウェイトが解け始めましたが
やっぱり先端がないので、不格好
おまけに曇り空のもとピントは合ってないし。。。
JD.jpg

どうなるんだろう?と思って見守っていたら
今日になって、それなりに咲いているのを発見。
本来の姿ではないけれど、花びらもギュッと詰まってる♪
実は、花の右上辺りに何となくくぼんだところがあるのですが
朝一で見た時は、そのくぼんだところにカエルがちょこんと
乗っかっていたのです。
緑色の雨蛙ならまだ許せるけれど、土色のまだら模様なので
お引き取り願っての撮影となりました。

LDブレスト11.26
 
クリスマスローズのニゲルが開花しました
昨日見付けたときにはもう陽が傾いていたので綺麗に写せず、
せっかくなので綺麗な姿をカメラに収めてアップしてみました。
まだ、11月だっていうのに気が早いこと。
バラの蕾がまだまだ固くて、ウチでは当分出番交代にはならないけれど
クリスマスローズのシーズンもカウントダウンだね。

ニゲル11.26

ニゲルは古葉切りをしないって習ったのですが
余りにも葉が混み混みなので、少~し透いてみようかと思っています。
 
プリムラといえばジュリアン、ポリアンサ、マラコイデイスなどが
一般的ですが、タキイのカタログで見付けたプリムラは
花が紡錘形で私の中にあるプリムラとは全く違ったものでした。
プリムラとしては高価なので、ちょっと躊躇ったのですが
結局珍しさに負けてポチッとしてしまいました。
届いた苗は、なんとも柔らか気で頼りない感じですが
寒い冬を乗り越えて、春には赤い花を見せて欲しいものです。
プリムラ・ビアリー11.23

夏の暑さに弱いので、ビヨウヤナギの脇に植え
西日を遮れるようにしました。残りは鉢植えに。

ビアリー

昨日とは打って変わって暖かな小春日和。
山茶花も満開になりました。

サザンカ11.23
 
昨晩、遅くに2番目のコがやってきました。
神代植物園で初めて見たときから気になっていた緑光。
いかにもバラという感じの花の形と薄緑がかった白に心奪われて
お迎えの運びとなりました。

バラのエリアを広げるに当たって、
生け垣が高すぎて冬の日が入らないことに気づいたので、
昨日は終日、生け垣の剪定に追われていました。
でも、先は長く当分生け垣整理に追われそうで、
その切った木を運ぶのに、緑光を地植えにしてしまうと
邪魔になりそうなのでとりあえず鉢に仮植えしました。
ミスティ・パープルよりも太い枝が2本も出てて、
初心者の私には安心できる苗です。

緑光11.22
 
今年のお迎え苗のトップを切って、
ミスティ・パープルが昨夕届きました。

ミスティ・パープル11.21

ミスティ・パープル11.21-2
フロリバンダの丸弁セミダブル、淡紫色、樹高は80~100cm、直立
申し分ないコです。。。と、タグをよく見ると花径12~14cm
あちゃー、もう少し小さめなお花を想像していたのに。。。
っていうか、ちゃんとカタログチェックしてなかったんだ、私

予め掘っておいたリビング前の花壇に収まりました。
後方のビオラはチューリップとのダブルデッカー。
「花ぐらし」に~ポットごと地面に埋め込んでらくらく植え替え!~
っていう記事が出ていたので、真似てみました。
バラが咲くまでの寂しい地面を彩ってくれます♪

ミスティ・パープル11.21-3
 
ここのところの冷え込みで、バラの花がなかなか咲き進みません。
暖かな小春日和の中で、今季最後の花を撮りたかったのですが
曇天続き、週末には雨が降るということなので
この辺りで手を打ちましょう。


11月15日
少しずつ蕾が緩んできました。
ダービー11.15

11月18日
花びらをたっぷり持っているようです。期待しちゃう~♪
ダービー11.18

11月20日
寒くて殆ど変化なし。
花びらをいっぱいもって頭が重いのに枝が凄く細いので
オベリスクに寄りかからせてあげたのですが
首つり状態で苦しそうですね^^;
ダービー11.20

このほかに2輪ほど続いてきてるけれど
切り花にした方が綺麗に咲いてくれるかもしれないわね。
 
リビング前のバラエリアに植えた「薫乃」が何だか調子よくないので
少し整理したランタナだけれど、枝を伸ばして新しく根を張った部分を残して抜いてしまうことにしました。


元気のない「薫乃」 
少しウドンコも出て、花首が折れ下を向いています。

薫乃11.15
薫乃の横70cm位のところにランタナがあり、
薫乃の穴を掘るときもランタナの根に邪魔されて大変だったのですが
掘り出すのも一苦労。2時間近くの格闘の結果

ランタナ11.15
こ~~んな大きな根?株?を取り除くことが出来ました。
そして、掘り出した根っこの量

ランタナ11.15-2
あらっ、写真にしてみると以外に少ないわ

掘り出したところにバラの穴を掘り、肥料を入れて受け入れ体勢は万全。そして、パルムの前にもう一つ穴を掘って「デュセス・ドゥ・ブラバン」を植え付けました。
デュセス11.15-2
9月末、咲いた花が終わった後切り戻しておいたら
再び花を咲かせ始めました。
大きすぎない花が良い感じ~

デュセス・ドゥ・ブラバン

油かすが品切れになってしまったので仕事は終了。
あと、何個穴掘りしなきゃならないんだろ。。。疲れた
 
去年、まずまずの収穫だったことに気をよくして
今年もタマネギを作ることにしたのですが
今年は全ての苗を育てるところから始めました。
昨年は、母が送ってくれた苗を植え付けたわけですが
それに比べると苗はヒョロヒョロで
当分植え付けは無理だと思っていたのですが
昨日、HCで見た苗は細くウチの苗と同じくらいだったので
種まきから55日は経過していることだし
お天気も回復し寒くもなかったので決行しました。


タマネギ11.14
こんなにヒョロヒョロの苗です。草も生えていて。。。
真砂土に生ゴミや堆肥を入れて作った畑ですが
まだまだその残骸が見受けられ、土作りにもっと精を出さないと
良い苗や作物は作れませんね。
タマネギ11.14-2


1畝70本あまり、3畝植えたのでうまく行けば200個以上の収穫になるはず。
「捕らぬタヌキ」にならなければいいのですが
裏の畑なので日照不足は否めずちょっと心配です。

 
昨日、帰り道に長府のお寺へ寄ってみました。
毎年紅葉を求めて訪ねるお寺なのですが
今回はちょっと早かったようで、感嘆するほどの
美しさはもう少しお預けかな?という状態でした。

もみじ1

もみじ2

さて、今日のこと。
仕事帰りにHCによって、園芸資材を調達し
田んぼの中の農免道路を走っていると
視界に茶色い生き物が疾走するのが入って来ました。
何だろうとスピードを緩めて見てみると、なんとイノシシの子ども。
1・2秒止まった後、逆向きに田んぼの中を駆け抜けていったので
携帯のカメラさえ準備する時間がありませんでした。
山ではないものの里山の林があるので、そんなところに
生息しているんでしょうかね。
寒くなってエサの調達に現れたのかもしれません。
びっくり!でも、初めて野生のイノシシを見れたのは良かったかも
 
夕方のローカルニュースを見ていたら、
今の時期は「さざんか梅雨」と言うそうで、
ここのところ雨が良く降ります。
その雨の隙間をぬって今日は北九州のバラ園へ行ってみました。
この時期に出かけたことは初めてでしたが、
秋のバラが全盛で、ゆっくり楽しんできました。

チャールストンとプリンセス・アイコ
これでもか!っていうくらいに花を付けています。
我が家の花数の少なさが哀れです。。。


チャールストン

プリンセス・アイコ

ブロ友さんのところで見かけたシャリファ・アスマ。
優しい色と整った開き具合が良かった♪
シャリファ・アスマ

ちょっと濃いめのアルシデュック・ジョセフ。
カップ咲きが可愛い♪
アルシデュック・ジョセフ

万葉。
ちょっとオレンジがかってしまいましたがもう少し山吹色に近い色。
ひときわ目を惹く存在でした。

万葉

今日の一押しは、これ。ブラック・バッカラ。
補正して色を出してみましたが、こんな風に深い赤というか黒。
ウチのお子ちゃま花壇にはちょっとお迎えできそうにないって思うくらい
大人な感じです。
ブラックバッカラ

 
昨年11月に届いたHTの中で、一番背高のっぽになったのが
このパパメイアンなんですが、私の背を越え2mに及んでいます。
シュートもバンバン出してきて、を付けてあげたいくらいの優等生です。

パパメイアン11.11-1

パパメイアン11.11-2
昨日からの雨は結構激しくて、伸びた背丈の割に
茎が細いので切り取って花瓶に差そうかと心配したのですが
雨に濡れながらも頑張ってくれました、今朝のお花です。
パパメイアン11.11-3
蕾を見るとガクがとってもゴージャス。
葉とガクが合体したような感じで、蕾を守ってますよというように
大切に抱えている感じがします。

 
土曜日に美容院へ行ったのですが、
バタバタしちゃって、なかなかアップ出来なかった画像。
美容院へ行ったからって、私の「お顔」じゃありません。
みなさん、ご覧になったことあります?

GetAttachment[1]
携帯で撮った写真なので、ちょっと見辛いのですが
葉の形から「サンスベリア」だってのは分かると思うのですが、
金魚鉢の中の藻のような形のもの。。。花なんですって
美容院の先生も「草じゃろか?と思っちょったら花みたいなんよ。」って。
ホント、画像が小さいのでよく分からないのですが
蕾の状態なんですよね。
家に帰り、ウチのはどんなかな?と思って見てみたんですが
ウチのは何の変化もなし。。。
空調が効いている美容院なので、植物にも快適で
こんな花を見せてくれたんでしょうかね。
 
自家菜園は農薬を使わないので安心、、、なんですが
見事に虫(バッタ)のエサとなっています。
人間の口に入るんでしょうか?
実家に行ったり、用事が出来たりで(言い訳)
「捕殺」を怠った罰当たりですが(^^;)
ここまで虫食いだったら、無農薬は保証書付きですけどね。

白菜11.6

畑の隅で咲いていた白い小さな花、フウセントウワタが
実?になってきました。
近所ではよく見かけます、花材にもなるようです。

フウセントウワタ11.6

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。