プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
オープンガーデンに出かけてから、新型バラ熱に冒され
植えるところを確保する間もなく、新しい苗を注文してしまいました。
挿し木苗ですから、すぐには定植できないのをいいことに
まとめて3つ。。。実は、他にもミニバラ2つ。(これは定植しました。)
冬になったらボケ、ウツギ、アシビを別のところに移して、
バラの植え付け場所を作らないといけません。

ビニールポットから抜いてみると、結構根が廻っていて
状態はよかったので、大きくなった鉢の中で
冬までに大きく育てたいものです。

挿し木苗

左から
LD・ブレスウェスト
プロスペリティ
クラウン・プリンセス・マルガリータ
スポンサーサイト
 
去年も良く咲いてくれましたが、
今年も頑張っているピースです。
初めて、肥料らしい肥料をもらったわけで
すでに、6~7輪目、気合いが入っている感じがします。
秋のバラとは、色が違います。

ピース5.28

大昔に挿し木で育てたバラですが、
こちらも初めてまともに肥料をもらったので
その性質がはっきりしてきたようです。
いままでHTだと思っていたのですがFLのようで、
蕾を沢山付けています。
名前が分かると良いのですがね。

バラ5.28
 
朝、庭のパトロールをしていたら、
こんな姿が。。。

ロウグチ5.28

花弁は?と思ってさがすと、
ロウグチ5.28-2

ニュードーンの枝に引っかかっていました。
ロウグチって、花が半分に割れて散るんですね。
 
一昨日、オベリスクに絡ませようとして
枝を折ってしまったクレマチスの挿し木をしました。
ビニルポットの下から1.5cm程鹿沼土を入れ
その上にパーライトを8~9分目程いれて吸水させた後
枝を挿し、その上に赤玉小粒を蓋をするように置き
腰水をはった中で2ヶ月ほど管理すると根が出るようです。
今まで、こんな風に挿したことはなく、
当然挿し木も失敗していたので
今回のがうまく行ったらいいなぁと期待しています。
でも、枝がちょっと若いかもしれませんね。

ジャンパール5.27

そして、枝を外したついでにもう一つの増やし方
「つる伏せ」も試してみました。
地面に根をはる恐れがあることを教えてもらい、
鉢を地面から浮かせて、その隣に別の鉢を持ってきて
節を土の中にいれています。
2~3ヶ月で発根するものの、1年は枝を切り離さないそうです。

ジャンパール5.27-2
 
肥料を買いにHCへ出かけたついでに
バラのコーナーへ立ち寄って見たのですが
苗の状態も良くないし、欲しい品種もなかったので
クレマチスのコーナーへ行ってみました。
クレマチスも花期の長いことを選ぶ大きな基準にしていたのですが
数年後のボリュームを考えて、モンタナをお迎えすることにしました。
1年生のチビ苗なので、枯らさないように気をつけて
お世話しないといけません。

クレマチス5.26
左側、パテンス系ミセス・スペンサー・キャッスル
右側、モンタナ系エリザベス
チビ苗なので小さな鉢に植えたため
合う輪の支柱がなくて、剪定した枝を挿しておきました。
自然な雰囲気がいいかな?と自画自賛です。
 
GWに神戸で注文してきたオベリスクが
先週末、やっと届きましたので
一番花も終わり、地植えを待っていたバラを
早速植え付けました。
グラハムトーマスをバラゾーンの中心に植え
開花終了株でお迎えしたクレマチス・ドクターラッペルを
コラボレーションさせることにしました。
クレマチスは植え替えが出来ないので
色の組み合わせがしっくり来ない場合も考えて
鉢植えのままでコラボしてもらう予定です。

トーマス&HFヤング

もう一つ、アブラハムダービーとジャンパールⅡも
コラボさせるように植え付けました。
バラゾーンには、レオ様を植えるように特等席を空けたので
コニファーとハーブゾーンの端っこです。
ジャンパールは1番花が終わった後剪定したら
よく伸びて支柱に絡まりついていたので外すのが大変でした。
オベリスクに絡ませても、身長ほどの高さまで
誘引できたので2mはあるでしょう。
丁寧に仕事をしたつもりでしたが、2本も折れてしまい
挿し床に挿す予定ですが着いてくれるでしょうか。

ダービー&ジャンパールⅡ5.25
 
寄せ植えにしていたスィートアリッサムのこぼれ種が
鉢から落ちて芽を吹かせました。
でも、そこはガーデンストーンを敷いた石の間なのです。
前々から気づいていたのですが、やはり頑張っている子は
褒めてあげないと、ですね。
そんなわけで、よく頑張ったわね♪と言って、
花壇のベッドにお引っ越しさせてあげました。

アリッサム5.25

4月にお迎えしたクレマチス・カートマニージョーを切り戻したら
なんと、1輪花を付けてくれました。
本当は咲かないはずなのに、勘違いしちゃったのね。
枝は2本ほど伸び始めたので、支柱を準備してあげないといけません。

カートマニージョー5.25

去年は引っ越してきたばかりで、時期外れの株分けをしてしまったため
20株ほどのうち1株しか花を見ることが出来ませんでしたが
今年はそれぞれの株に蕾を持っているので
「ミニ菖蒲園」として楽しめそうです。
一番乗りのピンクの菖蒲ですが、
まさかこんなブログを始めるとも思っていなかったので
タグがありません。。。名前不詳です。

菖蒲5.24
 
昨日のオープンガーデンを取り仕切っているナーセリーで
長く伸びるツルバラを探している旨を伝えたら
教えて下さったのが「アルベリックバルビエ」です。

アルベリックバルビエ5.24

ラティス2枚をつないでベランダまで誘引する予定ですから
最低でも5m程は伸びて欲しいわけで、
このバラは10m位伸びますよ~って言われたので
迷わずお迎えしてきました。
ランブラー系の白で、返り咲くとのことなので楽しみです♪
アルベリックバルビエ5.24-2
 
昨日オープンガーデンから帰ってみると夫がいないので
HCへ行くと言っていたことを思い出し、
ピエール・ドゥ・ロンサールを買ってきて欲しいと電話したところ
運良く在庫があり、持ち帰ってきてくれました。
でも、興味がない人にとって、その扱いは丁寧さに欠け
枝先が折れていましたが、全体の苗の様子はまずまずなので
素直に「ありがとう♪」と申しておきました。

ピエール・ドゥ・ロンサール5.24

レオナルド・ダヴィンチを玄関の横から玄関の上へと
上らせるように考えていたのですが、
レオ様は2mほどの高さまでということなので
ピエールと場所交代をしてもらうことにしました。

ピエール・ドゥ・ロンサール5.24-1
植え付け後、ピエールの折れた枝は切っておきました。
早くあたらしい芽が出てほしいものです。
レオ様は、冬になったらお引っ越ししていただきましょう。
でも、レオ様の花、小振りで多花なうえに花びらも多くて
とっても良い子なので、特等席を用意しないとね♪
 
当地でもオープンガーデンをしているという新聞記事があったので
問い合わせてみたら、今月いっぱい公開しているとのことで
今日、出かけてみました。
家から30分ほどのところですが、道路からもバラが見られて
間違えることなく到着できました。

オープンガーデン1

ピエール・ドゥ・ロンサールが屋根を越えて枝を延ばしています。
バラを始めて5年のお庭だそうです。
最盛期が過ぎてしまったとオーナーが仰っていましたが
それでも、十分に綺麗でその美しさに心を奪われてしまいました。
ピエールは1季咲きなので、出来れば花期が長い四季咲きの
ツルバラでって思っていたのですが、もうその美しさに
四季咲きとかなんとか言ってる場合ではありません。


オープンガーデン2
玄関から左手の方向を見た庭の様子です。
確かに早咲きのバラは終わっていますが、
ピンクの濃淡、誘引したバラが小道のラインを知らせてくれます。
足下を飾る草花もとても参考になりました。

オープンガーデン3
道路側の面です。
ギョリュウバイも存在感がありましたが
もう少し時期が進むと、アジサイへと主役が交代です。
 
クレマチスに壺形や木立性があるのを知ったのは
まだそんなに遠くない昔の話です。
我が家にお迎えした最初の壺形クレマチス・篭口は
友人のブログで見付けたのが始まりでした。
随分前から蕾を付けていて、明日には開花?と思ってから
1週間以上、本当によく焦らせてくれました。
アーチの片側に配していて、ニュードーンとコラボしながら
アーチを上っていく予定ですが、ニュードーンが伸びず
足下をウロウロしているので、さっさと一人で上っちゃいました。

ロウグチ5.22

ニュードーンも伸びて来つつありますし、
篭口も沢山の蕾を持ってくれていますから
秋頃にはコラボしてくれるといいのですが。
 
始めたばかりのクリスマスローズでしたが
ブラックデスに出鼻をくじかれてしまい、気持ちが萎えていましたが
数日前にも4月にお迎えしたばかりのSDに
ブラックデスが発症していることがわかり
泣く泣く処分しました。

そして、生育不良のクリスマスローズを
ブロ友さんに写真で診断してもらったところ
アドバイスをいただき、荒療治をしてみました。

生育不良のクリスマスローズを鉢から抜いてみると
根が真っ黒です。腐っていたのでしょうね。
これでは、スクスクとは育ちません。
DDイエロー2
よく見えないかもしれませんが、中央辺りに白い根が
少し出ているというか残っていたので、
黒くてダメな物は切り取り、茶色ながら根の先端が
白くなっている物は残して植え替えました。
元気になってくれるといいのですが。
 
タマネギ同様、ニンニクも首が折れ始めてきたので
4~5日前に試し堀をしたところ、小さめですが形をなしていたので
次の作物の準備をするために、収穫しました。
写真のは、当然ながら^^;出来映えのいいもので
直径5cm程ですが、チビッコなのは3cm弱でした。
それでも35個ほど穫れたので、十分です。
ニンニク5.20

先日の園芸教室で、スイカのツルの延ばし方を教えてもらったので
育ててみたいと思っていたのですが、その後苗を見ることがなく
今年は遅すぎたのかと思っていたら、昨日苗を見付けたので
早速お持ち帰りしました。
今朝、裏の畑で作業していたら、隣の方がちょうど外に出られたので
「時期が遅いですかね?」と聞いてみると、
「まだ、大丈夫よ。」と言われたので、意気揚々と植え付けしました
畝幅を広くとらないといけないので、絹さやとスナップエンドウの
2畝を一つにし、スイカ、冬瓜、カボチャを1つずつ植える予定でしたが
「この面積なら、スイカ一つでしょう。」と言われてしまいました。
1m×1.8mほどの畝です。
でも、ツルを畝の外にまで延ばせばいいかな?と思い
端っこに冬瓜を植えてしまいました。
スイカ畑

実は、ジャガイモの枝が倒れかけてきたので
その様子を見ていただいたら、畝が狭いとのこと。
欲張っちゃいけないはずなのに、耕作面積が狭いので、ついつい。。。

昼前、お隣さんが
「ジャガイモの土が足りないからちょっと足したら?」
とご自分の畑から草木灰を含んだ土を持ってきて下さったのです。
車に乗られない方で、一輪車に積んで2km近い距離を
運んで下さったのですから、もう有り難いやら申し訳ないやらです。
母と同じ年のお隣さん、昔の人は本当に働き者ですね。
お遊びで農作物を作っているものが、
安易にお尋ねしてはいけないなぁと反省しきりです。
 
玄関脇に植えたツルバラ、
レオナルド・ダヴィンチが咲き始めました。
濃いめのピンク、ころんとした丸い花は
凄く可愛いのですが、他のツルバラに比べると
枝の伸び方が弱いのか、遅いのかわかりませんが
いっこうに大きくなる気配が感じられません。
それでも、足下で沢山の花を付けているので
もっと開花が進んだら、華やかになるはず、楽しみ♪。

レオナルドダヴィンチ5.19
レオナルドダヴィンチ5.19-2
 
金曜日から2泊3日で義姉達が、初めて我が家に来てくれました。
義姉と言っても、夫は男3人の末っ子ですから、嫁という立場の義姉です。
そこに1日遅れで姪が合流し、女5人での県内観光をしました。

初日は、空港へ千葉の義姉を迎えに行った後、
新山口へ名古屋の義姉を迎えに行き、
別府弁天池、金子みすゞ記念館、角島、関門橋を渡って九州門司へ
帰り道に長府の武家屋敷をチラッとみて帰途につきましたが
昼食に角島で「海鮮丼」を食べたら、時間を追うごとに膨満感が。。。
普通、食べていくとご飯が残るでしょ?でも、ネタが残っちゃうんです。
どう?この量

GetAttachment.jpg

2日目、同じく空港へ千葉の姪を、新山口へ名古屋の姪を迎えがてら津和野へ。
でも、今日のツアコンは夫担当なので、以上で終了
昨夜2時まで飲んでいたので、ちょっと休憩しないと。。。
庭に出てバラを見たり、花がら摘みをしたり、草取りしたり。。。
夕食は全員揃っての宴会。またしても、2時まで
姪達も海鮮盛りを喜んでくれたようでしたが、証拠写真はないものの
お手製の生春巻きも畑直送のフレッシュサラダも好評だったようです。
(社交辞令をまともに受けちゃ拙いかな?

海鮮盛り

オードブル

3日目、睡眠不足の上にあいにくの雨でしたが、
初日のような強行スケジュールではないので、朝食後ゆっくり出発。
秋吉台を抜けて萩へ。ちょうどオープンガーデンをしていたので
普段見られないお庭を見せてもらうことが出来ました。
基本的に和風庭園ですが、イングリッシュガーデンを公開しているところもあり
道に迷いながらも行ってみると、山の中腹にハーブやバラ、クリスマスローズが
植えられた庭に到着し、園主がいろいろ説明してくださいました。
こぼれ種から出たクリスマスローズの苗を数株お土産にいただき
ブラックデスで処分した以上の数が増えました。まぁ、品種はね。。。
それで、鉢管理するにも数が多すぎるので、
今朝、オオデマリの下に地植えしてみました。
数年後、大株になったらいいなぁ~と期待して。

ちび苗

嫁同士で旅行するなんて、フツーあり得ないでしょ?
義姉達に出会えたことは、結婚して最高の副産物なんですよ


 
4月、新芽が大きく伸びて蕾も付けて
開花に向けて準備していたのに
強敵バラクキハバチに刺され、
泣く泣く剪定したバラが、やっと開花の運びとなりました。
アーチの下の方で咲いているニュードーン。
一番初めに異常を見付けたのがこの株で
初心者の私は「強健種」というキーワードで
苗を選んでいたので、本当に頭を抱えてしまったわけですが
小振りながらも元気な花を付けてくれるとホッとします。

ニュードーン5.16

いくつも蕾を切り落とさないといけなかったグラハムトーマス。
今は鉢で育てているけれど、地植えにしたら
ラティスに絡んでくれるんでしょうね。

グラハムトーマス5.16

今朝新聞を見ていたら、当地でもオープンガーデンを
していらっしゃるお宅があるということで
問い合わせ先のナーセリーに電話をするのですが
午前中は呼び出し音が続くだけで出てもらえず、
午後からは電源が入っていないとアナウンスが。。。。
でも、この電話、固定電話なんですけど。
余程の問い合わせに、コードごと抜いちゃってるのかしら?
 
昨夕のパトロール中に見付けたクレマチス
ビチセラ系のプリンスチャールズです。
高いところの蕾は視野に良く入り、もうすぐ開花ね~って
語りかけていたのですが、株元でひっそりと佇んでいるコを発見。
そして、今朝見に行ったら高いところのが開いていました~。
花フェスタ公園で見たときは、もっと大きな花だったと思うのですが
今咲いてるのは、直径7cmくらいでしょうか。
とても可憐です♪

プリンスチャールズ1

写真をスライドショーで見ていたら。。。???
よく見ると、株元の花は、なんと花弁が4枚しかないのです。
どうしちゃったんでしょうね。
プリンスチャールズ2

本を読んできたら、プリンスチャールズは多花性で
花も6~12cmと幅があるようですから、
大きな花が咲いて、カクテルとコラボしたら。。。
ちょっと楽しみです♪

コラボ5.14

そして、今朝もう一人「初めまして♪」をしたのは
ジャックマニービチセラ系のフルディーンです。
直径は5cmほどの小輪タイプですが、多花性とのこと。
一人で小窓のグリーンカーテンになってもらう予定です。

フルディーン5.14
 
「ゴミを捨てに行くとき、生け垣の間から庭が見えて
バラも咲いてるようだけど、挿してみたら?」と
何本も切り花にして持って来てくださったのです。
ウチのは、まだ枝がしっかりしていないものの、
お返しにアブラハムダービーとピースを持って行ってもらいました。
いただいた苗、名前を聞き忘れたので
また今度聞きに行こうと思います。
早速、パーライトとピートモスで作った挿し床に挿しました。
うまく根が出ると良いのですが。
直径4cmほどの小ぶりな黄バラ

バラ5.13-2
直径8cmほどのロゼット咲のピンク
バラ5.13-1
 
昨日、開花を待っているサマースノーを発見。
今朝、一番に見てみると。。。咲いてました~♪
直径2cm程の小ぶりな花の横には、蕾がたくさん付いているので
これから木が白で染まりそうです。

サマースノー5.13
ふと、株元を見るとピンクの花が。。。
どうしちゃったのでしょう?
色だけでなくて、花びらも変!
害虫に食べられちゃったのかしら?

サマースノー5.13-2
 
夕方から雨が降ると言っていたので
出勤前に(重役出勤の11時です^^;)
三尺ササゲの種まきと、トウモロコシの植え付けをしました。

セミニョールというブロッコリーの一種でしょうか、
当地では「ハナッコリー」という商品名で出回っていますが
その苗を植えて一月くらい経ちました。
今日、なにげに見てみると花咲き始めてしまいました。
茎はそれほど伸びておらず
やはり、季節的に適当ではなかったのでしょうね。
写真だけ撮って、収穫し忘れたので明日にでも食卓に上げましょう。

セミニョール
 
先日、神戸へ行ったときに
車がない娘は大きな荷物になる買い物が大変なので
車があるときに買いに行こうとHCへ車を走らせました。
娘が「母の日」のプレゼントは何がいいかと聞いてくれたので、
「クレマチス」をいただくことにしました。
関東に本店があるHCで、見たことのない新種でしょうか
蔓が余り伸びないピカルディとシャンテリーをいただきました。
ハルディン&シャンテリー

ピカルディの花は中輪で、赤紫とピンクのシベが気に入りました。
ハルディン5.10

シャンテリーは白花のようですが、どんな姿で
ピカルディとコラボしてくれるのか楽しみです。


 
昨夜、寝ようと電気を消そうと思ったら
テーブルの植えに散らばる花びらが視界に入ってきました。
初めて咲いたアブラハムダービーを切り花にして
食卓テーブルに飾っていたものですが
た~~くさんの花びらを数えてる写真をブロ友さんのページで拝見して
やってみたいなぁ~って思っていたので、
残っていた花びらも毟り取って並べてみました。(^^;)
全部で119枚。今、木には2輪が満開状態ですから
さぞかし重いことでしょう。

花びら

今日、やっとアンジェラが咲き始めました。
随分前から蕾を持っていたのですが
遅々として進まず、今日の暑いくらいの陽気に
ほだされてとうとう開花です。
アンジェラはアーチの片方に植えているのですが
ゴールドクレストの影になって朝は日が当たらないので
太陽の光で色飛びしてない分、くっきり写っているようです。

アンジェラ5.10
 
タマネギの試し掘りをしてみたら、
十分に生長していたので、1畝分だけ収穫しました。
大きなものは直径12cmほどあり、平均10cmくらいでしょうか。
初めて作ったにしては、十分な大きさです。
でも、チビッコの5cm位のも2個ありました(^^;)
45個ありましたから、首のところでゆわえて
庇の下で乾燥させましょう。
タマネギ5.9

隣の畝の小さな苗の方は
草木灰を施しておきました。
収穫前は雨が降るごとに大きくなると本に書いてありましたから
ちょっと水やりをした方が良いのかもしれません。
 
頑張って咲いているのに、つい上げ損なってしまう花たち。
バビアナとディモルホセカのコラボレーションです。
クリーム色のスパキラシスは量も多くて見応えありだったのに
機会を逸してしまったので、バビアナは日の目を見せてあげたいと思います。

スパラキシス5.9

ジキタリス、初めて育てたのですが
側枝を伸ばし何本も咲いてくれるんですね。
ジキタリス5.9

ヒルザキツキミソウ。
風に揺れて気持ちよさそうに咲いていますが
根を延ばしどんどん増えていくので、
心を鬼にして引っこ抜かないといけません。
昼咲き月見草5.9


 
まだ、バラが3本しかなくて、
「ローズガーデン」を造ろうと思い立ち、何でもOK状態で
テキトーにタキイさんお任せのお徳用セットで購入したバラ、
サマーレディが開き始めました。
優しいいろのバラで、開きかけのこんな姿が一番綺麗ですよね。
サマーレディ5.9

去年はフル出場だったピースも咲いてきました。
去年の今頃は、まだバラ熱もなく冷めていたので
余り関心もなく眺めていたため、よく分かりませんが
秋以降の花色とは全然違って、濃いような気がします。
花びらの縁にあるピンクの部分も太いような。。。

ピース5.9
 
畑では相変わらず、絹さやがどんどん収穫できてます。
娘に持って行ったら、茹でてお味噌であえたのですが
味噌をすり抜けて甘みが伝わり、驚いていました。

3月上旬に植えたジャガイモに花が咲き始めました。
虫も付かずグングン伸びています。
ジャガイモ5.8

タマネギは、実家からもらった苗の方は
首が折れ始めました。まもなく収穫できそうです。
自分で種まきした方は、まだ大きくなっていないし
ピンと上を向いています。
品種の違いでしょうか・・・?
でも、首は折れていても細いんですよね。
ご近所の紫タマネギは首が3~4cmもあるのです。
それに、この首折れは強風の後に倒れていたので
熟しているわけではないのかもしれません
明日にでも試し堀りしてみましょうか。

タマネギ5.8
 
朝、水やりをしているとアンブリッジローズも
出番をアピールしていました。

アンブリッジローズ5.8-2
花びらがハート状に切れ込んでいて、
どんなお顔を見せてくれるのでしょうか。

仕事から帰って見てみると
アンブリッジローズ5.8
開いていました~♪。
蕾の時はオレンジがかっていましたが
淡いピンクのお顔でした。


********  追   記  ********
5月9日、朝の様子です。
カップの中にクシュクシュッと花びらが詰まっていて可愛い~♪
夕方と朝の写真の色が、違うのは光をうまくコントロール出来てないんでしょうね。
アンブリッジローズ5.9

 
アブラハムダービー、
昨日、大分開きかけていたものの、蕾から昨日の段階まで
かなりの時間を要したので、すっかり開くまでにはまだ時間が
かかるだろうと思っていたのですが、午後、覗いてみると
見事に開いていました。それも、ギュッと花びらを詰めて♪

アブラハムダービー5.8

カクテルのような一重の楚々とした花が好きだったのですが
皆さんのブログを拝見して、ボリュームのある花に魅せられてしまったので
アブラハムダービーが、こんな姿を見せてくれてHappyな1日でした♪
 
5月3日、母を連れて岐阜の「花フェスタ公園」へ
バラを見に出かけてみました。
バラ友さんのブログを拝見していると、
すでにバラがいくつも開花しているものの
我が家のバラはまだつぼみが堅いものも多いし
岐阜の山の中だから寒いだろうし、まだ早いかな?と思いながらも
HPを見れば早咲きは咲き始めていると書かれていたので
祈る思いで出かけたのですが、園内に入ってボランティアさんに
尋ねてみると「バラはまだだね~、温室の中なら咲いてるよ。」と言われてしまいました。
確かに、路地のバラは1割にも満たない状態でしたが
エリアごとに春の花が植えられ、中でもハンカチの木の
並木は強い日差しを遮り、母曰く、良い香りを漂わせていました。
ハンカチノキ

温室内のバラ
ミストレスクイックリー、控えてる蕾の数の多いこと。
全部咲いたらピンクの面になってしまいそうだわね。

ミストレスクイックリー5.3

スウィング、上品な淡いピンクです。
母が気に入り、これを買って帰ると言っていたのに
売り場で浮気しちゃいました
ウチには、こういう色合いがないので、リストに加えましょうか。

スウィング5.3

名前を忘れてしまいましたが、同じく温室内のバラです。
ブルーバユーのような淡い藤色。こんな色もいいですね。

温室バラ5.3

バラクキハバチにやられて、新しい苗を増やすことに不安を覚え
躊躇っていたのですが、ちょっとリストアップしたい気分になってきました。
娘と出かけた神戸のHCでオベリスクを発見。
当地ではオベリスクさえなかなかHCで見付けられないので
車に積んで来たかったのですが、あいにくの在庫切れ。
送料がかかるけれど3つまとめて送ってもらうことにしました。
新しいお仲間を受け入れる準備は整いました(^^;)

 
4日間留守にして帰ってみると
やっとアブラハムダービーが開き始めたという感じです。
一気に開いてしまうのかと思っていたのですが
花弁が多いせいか一枚一枚に時間がかかるのでしょうか。
おかげで、ゆっくり開花を楽しめそうです。
写真が少し暗くて、花色が濃くなってしまいました。

アブラハムダービー5.6

パパメイアンも開き始めました。
昨秋お迎えした苗なので、蕾が3つくらいしかついていませんが
優雅な姿を見せて欲しいものです。
パパメイアン5.6

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。