プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
遅咲きのマダムグランジェが開花を迎えました。
立ち枯れ病でがっかりさせられることが定番になっているのですが
今年は順調に開花まで辿り着けました。
P1170666.jpg

P1170667.jpg

P1170744.jpg

実はこのマダムグランジェ、レオナルドダヴィンチのオベリスクに
絡ませているのですが、上段と中段の輪っかで別々に咲いていて
せっかく同時期に咲いたというのにコラボ画像が撮れません。。。
レオ様も1.5番花的な花が盛りとなってきました。
P1170757.jpg
下の方で咲いているのは花菖蒲です。
スポンサーサイト
 
なかなか気むずかしいマダムグランジェ。
今年は足元に生い茂ったタイムが気に入らなかったのか
春先に新芽は出したものの花を咲かせることはなく立ち枯れ。
タイムを毟り取った後、やっと新芽を伸ばし始めて
秋になって今年初めてのお花です。
グランジェ9.22

グランジェ9.24

グランジェ9.26
 
花が咲き始めても立ち枯れていたマダムグランジェですが
鉢もそこそこの大きさになっていたので、冬に地植えしました。
ところが、地植えパワーはどこへやら。。。枝は1本しか見当たりません。
咲いてくれたので良いのですが、去年の様にリタイアしないで
最後まで頑張って欲しいものです♪

裏側のモケッと感とは対照的な表側の色、
シベが開いてるともっと良かったかな?
グランジェ6.13

このオベリスクのメインはレオナルドダビンチ。
そのシュートが伸びてます♪
グランジェ6.13-2


今日は終日雨。
開き始めた花には無情です。
どうか、立ち枯れないでネ。
グランジェ6.16
 
前回の記事にも書いたように花が1・2輪咲きそうになると
立ち枯れていたマダムグランジェですが、
どうしたことか、今回はばっちり咲いています。
普通の植物はこの暑さでダレているというのに
このこったらこの暑さが好きなの?
返り咲いてるクレマだって1輪だけとか、数輪というのが殆どなのに
春よりは蕾の数は減ってるけれど、開花率は断然に良いの。
まぁ、色とかね。。。。そんなとは目をつぶってくださいませ(^^;)
マダムグランジェ9.2-1

マダムグランジェ9.2-3

マダムグランジェ9.2-2
 
花も沢山咲き、蕾も沢山従えてオベリスクが
紫色の花で覆われる予定だったマダムグランジェ。
ワクワクして待っていたら、1枝枯れ、また1枝枯れ。。。と
出ていた4つの枝全部が立ち枯れてしまい、
「もう、1等地には植えてあげません!」宣言を出し、
場合によってはお引き取り願おうかと思っていたのですが
この子ったら、「立ち枯れからの復活が好きなの♪」というように
今回も見事に復活してくれました。

といっても、もちろん花は夏仕様ですけどね。
色は薄くなってビロードのような重厚感は見当たらないし
サイズも2回りダウンしています。
グランジェ8.25-2

グランジェ8.25

せっかく頂上まで登ったんだから
今度こそ立ち枯れないで~~

*****追記*****
8月28日
今のところ立ち枯れることなくどんどん開花してます♪
マダムグランジェ8.28
 
先日開花直前で立ち枯れてしまったマダムグランジェ。
今度は開花中に立ち枯れ模様です

マダムグランジェ6.14

左上の花たちは元気でしょ。
でも、この2本の枝を辿っていくと同じ枝に行き着くのよねぇ。。

マダムグランジェ6.14-3

蕾も下を向いてきちゃいましたよ。。。
マダムグランジェ6.14-2

ほら、元気なのは上向き
マダムグランジェ6.14-4

2年鉢で育てたから、いよいよ地植え組に入る予定なのに
こんなに頑張れない子なら1等地には植えてあげられないわ
 
オベリスクの上と下でそれぞれに咲いていた
マダムグランジェとレオナルドダビンチ。
グランジェの方が咲き揃って来たので
散ってしまう寸前のレオ様とちょっとだけコラボ(^^)

マダムグランジェ6.11

マダムグランジェ6.11-2

レオ様も決して早咲きではないけれど、グランジェの開花時期とはちょっと合わないかな?
レオ様、去年は水不足で枝が十分伸びなかったという反省をしていたのに
他の地植え組と同じように殆ど水やりをしてませんでした。
梅雨入りも遅れているので、来年オベリスクの頂上部まで上ってもらうために
今日はたっぷりの水やりをしました。


*****追記*****
多分、一番良い状態だと思うので、アップでお花を載せてみましょう。

マダムグランジェ6.12

上の2枚目は夕方の日を背にして撮ったので赤っぽくなっていますが
本来は3枚目の色です。
シベがここまで開いてきても、花弁はまだ半開きの様で
裏と表の違いが結構お気に入りです♪
 
ジャックマニー系のマダムグランジェ。
去年の鉢のままレオナルドダビンチの横に持ってきて
オベリスクに絡ませていますが、やっと開花に辿り着きました。
去年に比べると枝数が増えた分蕾も多くて、遅咲きのレオ様とコラボ~♪と思っていたら
グランジェの誘引をサボったためオベリスクの頂上辺りで咲き始め
下から眺める格好になってしまいました。

マダムグランジェ6.6

ちょっとステムを倒してみました。
ピンクのレオ様とぴったりの色合いなのに
上と下で咲き分けています(^^;)
マダムグランジェ6.6-2

実は、去年も最初の2輪ほど咲いたところで枝がしんなりしてきて
どうしたんだろうと思っていたら立ち枯れだったようです。
今年はそういう事態は避けたいと思っていましたが
一昨日、蕾のない枝がしんなりしているのを発見したものの、
ちょっと未練があって枝の半分位までしか切れなかったのです。
でも、昨日その下もしんなりしているのを見て諦め、
分枝しているところでカットしました。
そして、今夕見てみると元気だった蕾がしんなりしているではありませんか。
その枝を辿っていくと昨日カットした枝のもう一方だったのです。
この枝全体が立ち枯れになっていたってことですね、
せっかくここまで大きくなったのに、咲かせてやれないままカットなんて申し訳ないわ

マダムグランジェ6.6-3
 
6月、蕾を10個近く従えて咲き始め
2輪ほど咲いたところで立ち枯れに冒されてしまい
1から出直したマダムグランジェがやっと2番花を咲かせました。
この花1輪だけで次に続く蕾がないのは残念ですが
今度は立ち枯れにも負けず、しっかり光合成をして根を育て
来年大株になって欲しいと思います。

マダムグランジェ8.25

切り戻しておいたロウグチも、葉を虫に食べられて
穴だらけではありますが、これまた1輪咲きました。
植え込んだところが固くて根が張りづらいのでしょうか
生育が良いとは言えません。。。
そういえば、肥料も消毒もここのところ全然してませんから
手入れ不足ということでしょうね。

ロウグチ8.25

昨日の朝、刑事さんの訪問がありました。
一昨日の深夜2時頃でしょうか、家の横の道で
男性2人と子どもの話し声が聞こえていたのです。
中高生が騒ぐような感じではなく、時間帯が昼間であれば
親子の仲の良い会話という感じだったので、
そのまま放置していたのですが、1度だけパンと
何かがはじけるような音がしたんですね。
で、刑事さんの話によると家の裏の国道の下を通るトンネル内で
段ボールを燃した跡があるとかで、聞き取り調査でした。
このトンネル、以前は中高生のたまり場で落書きもひどく
ゴミも散乱して、夏休みには深夜に爆竹をするので
何度も安眠を妨害され、通報したこともあったのですが
近隣の幼稚園児がトンネル内に可愛い絵を描いてくれてから
ゴミも落書きもなくなり、安心して通れる感じがしていたんです。
大の大人が小学生の子どもを巻き込んで小火を出していたとしたら
許せない行為です。
 
立ち枯れでダメにしてしまったクレマチス
「マダム・グランジェ」が新芽を伸ばして、復活してくれました。
蕾を10こ近く従えて、1番花が咲いた後しんなりしたまま
元気を取り戻すことがなくて、泣く泣くカットしたのですが
ここに来て、新しい芽がスクスクと育ち始めました。

マダムグランジェ7.6
立ち枯れに罹ったのが3つもあって、
その内の2つが生き返ってくれたので
もう一つも頑張ってくれると信じていよう。


花がら摘みをしていたら、ヘルムットシュミットの葉が
ハダニの被害にあっていたので、切り取って裏を見ると
なんと幼虫がいっぱいいるではありませんか。
気持ち悪いったらありゃしない!
そのままゴミ袋に直行させたわけですが
気を取り直して、今後のためにもと写真に撮り
ネットで検索してみると「イラガ」の幼虫だとわかりました。
月1回程度の散布をしているのですが、頻度が足りないんでしょうか。。。

イラガの幼虫7.6

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。