プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
十分育っていたし、大きく育ちそうな予感がしたので
地植えにしたのですが、クレマとの相性が悪い我が家の土。
2年間、芽を出してツルは伸びるものの花を見ることが出来ませんでした。
今年もダメかなぁ~と半ば諦めていたのですが蕾を発見♪
飛び上がらんばかりの喜びでした。

優しいお色、更に大輪だった花は中輪で咲いてくれて
私としては花丸のお花です。
P1170957.jpg

他のツルでは蕾が♪
P1170959.jpg

大雨の中、その蕾が開花。
P1170984.jpg

本来の大きさではないので
まだ十分復活しているとは言い難いけれど
このサイズで良いのです、オオデマリに絡ませているので
どんなに沢山お花を付けても十分支えてくれるから大丈夫よ~~。
ジャンパールちゃん、大きく育ってね♪
スポンサーサイト
 
マダムグランジェに続いて、剪定から一月余りで返り咲いてくれたのは、ジャンパールⅡです。
大輪系が咲かないってブロ友さんのところで聞いたので
ウチでは頑張ってくれているのでしょう。
これって、根っこは元気だったのに芽が無くなってるという逸話を持つ
今一信頼性に欠けるクレマなので、自信を持って見守ることができなくて
結構ハラハラしながら見てるんです。
サイズはやっぱり2回り小さいかな?
ナエマの葉っぱが葉灼けして痛々しいわ
ジャンパールⅡ8.27

う~~ん、オベリスクが邪魔しちゃって裏側の撮影が今一。
でも、昨日のフルディーンに比べると裏筋はまずまずね♪
ジャンパールⅡ8.27-2

 
ツル伏せしてバックアップをとっておいたジャンパールⅡがやっと咲きました。
親株の方は、見事な根っこがわさわさあるのに茎がなくなってたいう例の株ですよ

ナエマのオベリスクに絡んでいるのですが、一番高いところで咲いているので
横からしか花が撮れません。踏み台が要りますね(^^;)
シベが開いたら上から撮ってみよっ(^_^)v

ジャンパールⅡ 7.1

ジャンパールⅡ  7.1-2

バラの2番花も今一なのでしばらくこれが楽しませてくれるかしら?

*****追記*****
シベが開くと淡い花弁と濃いシベのコントラストがとってもグー。
ジャンパールⅡ   7.2-2
実は裏筋もキレイだったんです
ジャンパールⅡ   7.2
 
去年2年生苗でお迎えしたクレマチスのジャンパールⅡが
期の途中から枯れ始め、立ち枯れかな?と思っていたのです。
途中で復活することもなく秋が深まり冬になり、芽吹きの春を迎えたのですが
一向に芽吹く様子もないので、とうとう待ちきれずにホジホジしてみました。
そしたら、そっと掘っていっても芽らしいものに行き当たらないのです。
そこで、鉢をひっくり返して根っこを出して洗ってみると元気な色をしているではありませんか。

根っこ1

どこかに新芽があるはず、とほぐしていったのですが、
茎がなく根っこの元が黒くなってちぎれているのです。

根っこ2

どこか下の方で茎と根っこが繋がっていないかと
さらに根を整理していったのですが、とうとう茎を見つけることはできず
この株は諦めることにしました。
それにしても、こんなに元気な色の根っこなのに、どうしちゃったんでしょ?
クレマチスは去年もモンタナを枯らしてしまったので私にとっては
ちょっと手強い相手のような気がします。
幸いこのジャンパールは根伏せしておいた子株が今のところ元気に育っているのですが
クレマチスは保険として挿し木しないといけないなぁって思いました。
 
10日前、一斉に花を咲かせたジャンパールⅡを
上げたのですが、殆ど咲き終わったところでカットしたら
最近黒っぽくなって枯れてきたようなんです。
実は、この枝以外の枝は、もっと前から葉が黒っぽくなって
チリチリと枯れ込んで蕾を持っているのに、
大きくなる気配がないのです。
どうしたらいいんでしょ。。。。

ジャンパールⅡ6.25-1

ジャンパールⅡ6.25-2

それに加えて、薫乃の新芽も変
昨日は現行犯のバラゾウムシを捕殺したのですが
ハマキムシも大量発生してるし、
新芽の赤い葉が、波打ったようになっているのです。
なかなか健やかに育てるのは難しいです

薫乃6.25
 
一昨日、オベリスクに絡ませようとして
枝を折ってしまったクレマチスの挿し木をしました。
ビニルポットの下から1.5cm程鹿沼土を入れ
その上にパーライトを8~9分目程いれて吸水させた後
枝を挿し、その上に赤玉小粒を蓋をするように置き
腰水をはった中で2ヶ月ほど管理すると根が出るようです。
今まで、こんな風に挿したことはなく、
当然挿し木も失敗していたので
今回のがうまく行ったらいいなぁと期待しています。
でも、枝がちょっと若いかもしれませんね。

ジャンパール5.27

そして、枝を外したついでにもう一つの増やし方
「つる伏せ」も試してみました。
地面に根をはる恐れがあることを教えてもらい、
鉢を地面から浮かせて、その隣に別の鉢を持ってきて
節を土の中にいれています。
2~3ヶ月で発根するものの、1年は枝を切り離さないそうです。

ジャンパール5.27-2
 
蕾が大きくなって、「明日は咲くかな?」と期待してから
1週間ほど焦らされていたクレマチスがとうとう咲きました。
早咲きのジャンパールⅡです。
すでに、クレマチスの豪華な花を
花友さんのブログで見せてもらっているのですが
ウチのは、遅咲きタイプが多くてなかなか蕾も上がってきていないので
お初のご対面です。
もう少し、濃いめの色かと思っていましたが
優しい色合いです。

ジャンパールⅡ4.25

アヤメが咲き始めました。
オオデマリも淡緑から白へと満開を迎えましたが
今年は強風の日が多く、花と花が擦れて花びらが
茶色に変色しているので、アップには耐えられません。

アヤメ4.25
 
ようやく暖かな日になったので、バラの防寒対策をしました。
バラの先輩に習ったとおり、バラの周りには堆肥を施し
その周囲には草が生えないようにと美観のために
バークチップをまきました。
霜柱が立つほどの寒さはないけれど、しっかり根を張って
春には見事な花を見せて欲しいものです。

マルチ1.4

昨日、買ってきたクレマチスを鉢植えにしました。
葉っぱが枯れてきてるのが気がかりですが、季節柄しかたがないのでしょう。

クレマチス1.4

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。