プロフィール

mimoza

Author:mimoza
ようこそ、mimozaの庭へ
憧れのローズガーデンを目指して2年目です。
バラの生長と庭造りを記録していますが
やっぱりバラって難しい。。。
夢は3年後のオープンガーデン!と目標を高く掲げています。
いろいろ教えていただければ幸いです。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


まとめ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
昨夕、カーテンを開けたらちょうど花開いた
ドクターラッペルを発見♪
まだ蕾は小さいはず。。。と気にも留めてもらえない
フツーのクレマです(^^;)
開いたばかりで最後の一弁が開ききっていません。
ラッペル4.25

暖かかった所為でしょうか、だれてます。
最後のトレパタイトとそれぞれ勝手に咲いてるって感じ
ラッペル4.26

誘引するほど伸びていなかった枝からも開花。
グランドカバーに埋もれてますわ
ラッペル4.26-2


追記
5/2
咲き揃って来たのでアップしておきましょう
ラッペル5.2
スポンサーサイト
 
ドクターラッペルが咲いていた!!
リビング前の小さなラティスに這わせてるというのに
しっかり見てないのがまるわかり(^^;)
ドクターラッペル9.8
お花は小振りになってるけれど
良い感じで咲いてる♪


実はもう1輪。。。
もっと前から咲いていたのに、認めてもらえず可哀想(^^;)
おやおや!ドクターラッペルも4枚弁になることがあるのね。
ドクターラッペル9.8-2
 
芽吹きもしなかったドクターラッペルが葉を展開し、
次の年には花を咲かせ、次の年には返り咲いてくれた。
気持ちを注げば応えてくれる、ガーデナーにとっては
やり甲斐を感じられるお花。
そのドクターラッペルが今年は花数を増やして登場♪
ま、蕾もあるのでもっと賑やかになる予定。
ラッペル① 5.3

駐車場の横に植えてあって、左横にはルイーズオディエ、
その左にはベルオブウォキングが鉢で置いてあるの。
そのベルオブが枝を伸ばし大きなお饅頭をラティスの上部に置いてる(^^)
ラッペル① 5.3-2


もう一つのドクターラッペルはリビング前にあるけれど
枝数は増えたものの長さが足りなくてラティスに誘引出来ないため
下の方でクシャクシャっと咲いてる(^^;)
ラッペル② 5.3

ラティスを横から見ると裏側にも花があって
去年よりは枝が充実したことは分かるんだけど、
このラティスはドクターラッペル専用なので
もっともっと枝を伸ばして欲しいなぁ~。
ラッペル② 5.3-2


~~~追記~~~
5月6日
ラティスのドクターラッペルも咲き揃って来た♪
ラッペル5.6


5月7日
駐車場側のドクターラッペルも花盛り♪
ラッペル5.7
 
我が家にはドクターラッペルが二つあるのですが
今年はどちらも返り咲いてくれました(^_^)v

一つ目は数年間放置したのに復活してくれた姫。
そしてもう一つは、こちら。
ラティスの裏側に枝を伸ばしていたので
こんなに咲き進むまで気付かなかったアタシ(^^;)
ドクター10.3

バラもクレマも咲いていない我が家の中で孤軍奮闘♪
思わず拍手~(^^)
 
ずっと昔に植えたドクターラッペルが初めて返り咲きました。
てっきり枯死したと思っていたのが復活の新芽を見て感激してから3年、
今度は返り咲きという見事なワザを持って感動を再び運んでくれました。
花数が1輪だとか、いつも文句ばかりだけど
もう、花が咲いただけで十分、よく頑張ってくれました♪
ラッペル8.4

ラッペル8.4-2

暑さに負けず、水不足にも負けず咲いた1輪。
愛しくてたまりません♪

ちなみにリビング前のドクターラッペルはダンマリです。
早く返り咲いて欲しいですね。
 
リビング前のバラガーデンに植え込んでいるドクターラッペル、
もう少し枝を伸ばして花を付けてくれたらいいのに
私とそっくり(^^;)控えめで←みんな!首を傾げたでしょ?
随分下で咲いたものだから大輪の花がいくつも咲いているというのに
昨夕まで気付きませんでした(^^;)
で、今朝、一番に記念撮影♪
背筋を伸ばして大きくなっているのはホタルブクロです。
ドクターラッペル5.2

上から近づいてみると5~6輪。
こんなに大きいのに忘れられてるって、可哀想に。。。
ドクターラッペル5.2-2

お昼になると半開きだった花も綺麗に開いてきましたが
シベはもう一息ね♪
ベタなクレマだけれど真ん中の濃いピンクが可愛い~♪
長く愛される理由が分かるような気がします。
ドクターラッペル5.2-3
 
ドクターラッペルとお店の人に言われたけれど
去年はもっと薄い色で咲いたので違う品種では?と思っていたのですが
やっぱり、正真正銘のドクターラッペルのようです。
花弁の端が波打ったようになるのが特徴とか。
シベも美しく開いてきました。

ドクターラッペル4.30-2

夕方の写真なんですが、幾分花を閉じているようです。
こんな性質もあったんでしょうか?

ドクターラッペル4.30
 
ナーセリーの方が、「ドクターラッペルだと思います。」
と仰っていたのですが、この色、ちょっと違うような気がします。
コニファーに絡んで沢山の花を持っているのですが
コニファーの色が淡くて、薄いピンクが引き立ちません。
鉢植えにしているので、剪定したら濃い色のコニファーに
絡ませようかと思案中です。
地植えにしちゃうと動かせないけれど、
鉢植えは組み合わせてみてダメだったら
移動できるので便利ですね♪

ドクターラッペル?

クレマチスに入り込んできてるのは、オレガノの花です。
年々エリアを広げ、花付きも良くなっていますが、
自分のところだけで頑張って欲しいですね。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。